受験生へ

工学研究科共生応用化学専攻

大学院入試に関しては大学院工学研究科入試情報 をご覧ください。

工学部共生応用化学科

アドミッションポリシー

工学部の求める入学者(アドミッションポリシー)

私たちは、工学を「豊かな人間社会の構築をめざす実践の学問」と考えています。

これを支える技術者・研究者を育成する工学部では、

  1. 「なぜ」を問う好奇心・探究心
  2. 「何をなすべきか」を主体的に考える力
  3. 「いかにしてなすか」を構想し、実践する力

を修得することに、興味と資質を有する人材を求めます。

共生応用化学科では、上記を踏まえ、次のような人を求めています。

環境調和、バイオテクノロジー、機能材料などの側面から化学を学び、応用することへの意欲をもち、そのための基礎的素養がある人

入試関連情報

入試情報については、工学部入試関連情報 をご覧ください。

共生応用化学科案内

FAQ
[学科の実地見学]
[学科のコンセプト]
[受験を前に]

Q1. 学科や研究室を見学する機会などはありますか?

オープンキャンパス(7月末から8月初旬頃)、工学部祭(11月初旬)などが開催されています。
オープンキャンパスでは学科紹介の後に、いくつかの研究室を見学できます。
工学部祭とは、千葉大学の大学祭にあわせて工学部で開催しているものです。いくつかの研究室がコーナーを設けて研究内容をわかりやすく紹介していますので、是非遊びに来て下さい。

Q2. 共生応用化学とはどういう化学のことですか? 他の化学科とどう異なるのですか?

共生応用化学とは環境を守り地球上の生命と共に生きてゆくことを志向した最先端化学のことです。新しい化学および化学プロセスの開発を担う人材の育成を目的にしています。したがって、化学、物理、生物に関する基礎、および応用に関する知識とこれを実際に応用するための技術を主体的に学べる環境を用意しています。共生応用化学科では、ナノテクノロジーやバイオサイエンスを始めとして様々な最先端の化学技術や学問を体系的に学べるようにカリキュラムを構成しています。

共生応用化学科における「環境とバイオ」の教育・研究は「化学」を基礎としています。「化学」を理解するには、物理学の初歩的な知識が必要です。また、物理学は道具として数学を使います。従って、1,2年次には簡単な物理と数学の講義を聴きながら、化学の基礎である物理化学・無機化学・有機化学・高分子化学・分析化学をしっかり勉強して貰います。

2年次の後期からは、応用化学、環境調和、生体関連の3つのコースのどれかに所属して自分の興味に合わせて勉強を進めます。環境化学・グリーンケミストリー・環境適合無機材料・環境適合高分子材料や分子生物学入門・生物化学工学・生体機能材料学など、より発展的な講義が増えます。また、化学基礎実験・分析実験・生物学基礎実験・共生応用化学実験で実験操作の基本を身につけてもらうとともに、廃液の処理法等環境を汚染しないための教育を徹底的に行います。

共生応用化学科では、ナノテクノロジーやバイオサイエンスを始めとして様々な最先端の化学技術や学問を体系的に学べるようにカリキュラムを構成しています。

Q3. どういう講義科目がありますか?

自然科学や社会科学を含む、普遍教育科目と、学科の専門的知識を学ぶ専門教育科目にわけられます。専門教育科目には、次のような科目があります。[共生応用化学科科目一覧 ]

Q4. いつ研究室に配属され、どんな卒業研究を行うのですか?

入学してから1年半の間は全員同じカリキュラムに従って勉強します。その後「生体関連コース」、「応用化学コース」、「環境調和コース」の3つに分かれ、専門的な勉強をした後、研究室に配属されます。配属先が決定するのは3年後期で、実際に研究室に入るのは4年からで、そこからまる一年間かけて卒業研究を行います。ひとりひとりが研究室の先生や大学院の先輩方と一緒になって、未踏の(最前線の)研究に取り組んでいきます。化学の分野の幅広い知識と応用力を身につけるだけでなく、最先端の化学に実際に触れることが出来ます。

Q5. 共生応用化学科で行われている研究にはどのようなものがありますか?

環境関連では次のような研究が行われています

バイオ関連の研究例としては次のものが上げられます

もちろん、この他にも「環境」「バイオ」という範疇では分類できない幅広い研究が行われています。

Q6. 何か資格は取れますか?

本学科では所定の教職課程を履修することで、「高等学校教諭一種免許状(理科・工業)」を取得することができます。

国家資格である甲種危険物取扱者は、一般に化学系大学を卒業して受験しますが、本学科ではカリキュラム上2年生から受験可能で多くの学生が在学中に取得しています。

また、毒物劇物取扱責任者の国家資格は、本学科を卒業すれば無試験で得ることが出来ます。

その他、講義に関連するのものには、高圧ガスや放射線はもちろん作業環境測定士などの労働安全衛生に関する資格等があります。

他学部で開講される指定科目を履修すれば、博物館の学芸員の資格も取得できます。

Q7. 卒業後の進路は?

16年に設立された学科なので、学部卒業生は19年度(2007年度)から、修士課程大学院生は21年度(2009年度)からとなります。前身の物質工学科とあわせた、修了後の進路を紹介します[リンク ]。

大学4年間を終えた際には、就職する人よりも大学院に進学する人のほうが圧倒的に多くなっています。ほとんどの学生は千葉大学の大学院に進みますが、他大学の大学院(東大、東工大、筑波大、その他)に進学する人もいます。学部卒の就職先は業種としては多岐に渡っていますが、SE、技術営業などが多く、研究職につくことはあまりありません。修士を出た先輩方の就職は、より化学系に近い会社が多くなります。

Q8. なぜ、センター試験の理科では化学と物理を受験させるのですか?

共生応用化学の設立趣旨は、化学を武器とした環境とバイオの教育研究です。化学に適性を持った学生を募集したいので、化学はもちろん、化学の基礎である物理も受験科目に指定しています。

Q9. 高校での勉強は役に立ちますか?活かすことができますか?

もちろん!特に理系教科が好きな人には、ここの居心地はとても良いでしょう。一方、だからといって物理、数学、化学全てが得意でないとやっていけないことはありません。十分な知的好奇心さえあれば、誰もが優秀な成績で卒業できると思います。

共生応化での生物学講義はさほど多く有りません。学部教育期間を、理系の基礎や解析的な思考法の確立にあててほしいと願っています。最前線の生物学は、いくつかの研究室に配属されれば卒業研究を通じて学ぶことができます。

Q10. 授業料の免除制度、奨学金の制度について教えてください。

授業料免除制度:家庭の収入が所定額以下の場合は授業料が全額もしくは半額免除になります。手続きは、工学部事務にお問い合わせ下さい。
奨学金:「独立行政法人 日本学生支援機構 」のものがあります。

絵で見る共生応用化学科

2013年度入学生出身地図

この図のように、共生応用化学科には、関東近県を中心に日本各地から学生が集まっており、 海外からの留学生も在籍しています。
過去には、韓国、インドネシア、マレーシア、モンゴルなどの近隣諸国からの留学生も受け入れています。

千葉は、温暖な気候と、海、山と自然が豊富であるうえ、都心部まで約40kmの位置にあり交通の便も良いという立地に恵まれています。また、成田の国際空港も近く、羽田にも近い交通の便利もあります。

都内に比べて家賃などの物価は安く、治安面、買い物や遊びの利便性なども高い千葉は、学業のみならず大学生活を快適に過ごせることでしょう。 

過去数年間の学部卒業後進路

学内と学外を含めて大学院への進学が多数を占めています。
これは、企業がより高度な知識を習得した学生を必要としていることを反映しています。
また、学部卒業者の職種に研究分野は少なく、研究職につく為にはやはり大学院への進学が有利になっています。
具体的な就職先企業については、学科及び専攻の就職先 を参照ください。

過去数年間の博士前期課程修了後進路

博士前期課程終了後は、5%がさらに後期課程に進学します。
就職先は、化学・薬品系が2/3を占めますが、他の製造業種にも多く進んでいます。最近では、特許事務所への就職も見受けられます。
具体的な就職先企業については、学科及び専攻の就職先 を参照ください。

主な専門科目

生体関連コース 主として生体と物質の学際領域の化学を学ぶ
応用化学コース 主として化学の基礎と応用を体系的に学ぶ
環境調和コース 主として環境にかかわる化学の基礎と応用を学ぶ
3年次進級要件

卒業に必要な単位を合計76単位以上取得、化学基礎実験と分析化学実験の単位を取得、休学期間を除く在籍期間が2年間以上ある

卒業研究履修要件

卒業に必要な単位を113単位以上取得、共生応用化学実験の単位を取得、卒業に必要な普遍教育科目・専門基礎科目・必修専門科目のうち未取得単位数が4を越えない

卒業に必要な単位数

普遍教育科目 26単位  専門基礎科目 29~34単位  専門科目 70~75単位   合計 130単位

学習コースの特徴

1年半の共通基礎教育の後に、生体の機能を代替あるいは模倣する人工材料の設計と構築に関する教育を行う「生体関連コース」、新しい機能や高度な性能を持つ物質や材料を多角的な視野から開発することなどを学ぶ「応用化学コース」、環境にやさしいプロセスで環境にやさしい物質を作り出す人材の養成を目指す「環境調和コース」の3コースに分かれます。いずれのコースでも多様な授業科目を履修でき、個性と自主性を重視したカリキュラムとなっています。

研究分野への配属・卒業研究

3年次後半から配属される教育研究分野には、「バイオ機能化学領域」にバイオプロセス化学、バイオマテリアル、生体模倣高分子、環境調和高分子材料、 「環境調和分子化学領域」に有機ナノ材料、精密有機化学、環境調和有機合成、エネルギー変換材料化学、 「無機・計測化学領域」にセラミック化学、極限環境材料化学、計測化学、環境化学、 「資源プロセス化学領域」に触媒化学、表面電気化学、資源反応工学、そして共用機器センターの計16分野があります。セミナーや卒業研究を通じて先端的な研究を行い、基礎と専門の学力及び広い視野を身につけます。

ページトップへ