研究発表

 

2018年度

1.                  赤染元浩・則田直人・磯野晃・松本祥治,アミノ酸から合成した嵩高いウレアによるラセミ体アミドの立体選択的包接,シンポジウム モレキュラー・キラリティー2018,ポスター番号PP-29,千葉(2018511日).

 

2017年度

1.                 渡邊芽衣・赤染元浩・松本祥治,2,5-ジアリールイミダゾールのイミダゾリウム塩化によるストークスシフト伸張日本化学会第98春季年会,講演番号 3F2-53,千葉(2018322日).

2.                 Sayaka Murai, Akira Isono, Shoji Matsumoto, Motohiro Akazome, Crystal Structures and Inclusion Ability of 1,1-Diphenyl-2-(tritylamino)alcohol Synthesized from Amino Acids日本化学会第98春季年会,ポスター番号 3PC-076,千葉(2018322日).

3.                 Syouichi Koyama, Takehisa Oseki, Motohiro Akazome, Shoji Matsumoto, Iodination Reaction of Aromatic Rings with ICl in Hydrochloric Acid Solution日本化学会第98春季年会,ポスター番号 3PC-009,千葉(2018322日).

4.                 Kahori Tamura, Minori Takino, Shoji Matsumoto, Motohiro Akazome, Cyclopropanation Reaction by Addition of Diiodomethyl p-Tolyl Sulfone (DMTS) or Iodoform to Electron-deficient Alkenes日本化学会第98春季年会,ポスター番号 2PC-027,千葉(2018321日).

5.                 Minori Takino, Shoji Matsumoto, Motohiro Akazome, Radical Addition Reaction of Diiodomethyl p-Tolyl Sulfone (DMTS) to Alkenes日本化学会第98春季年会,ポスター番号 2PC-026,千葉(2018321日).

6.                 Kentaro Kawamura, Motohiro Akazome, Shoji Matsumoto, Synthesis and Optical Properties of Benzo[d][1,3]thiazinium Salts by Iodocyclization Reaction日本化学会第98春季年会,ポスター番号 1PA-039,千葉(2018320日).

7.                 Ryo Tsujii, Motohiro Akazome, Shoji Matsumoto, Syntheses and Optical Properties Associated with Structural Recombination of Polyaryl Compounds Incorporating Imidazole Ring日本化学会第98春季年会,ポスター番号 1PA-036,千葉(2018320日).

8.                 Yohei Yamashita,1,3 Yasuhiro Morinaga,1 Makoto Kasai,1 Takao Hashimoto,1 Yuji Takahama,1 Atsushi Ohigashi,1 Satoshi Yonishi,2 Motohiro Akazome,3 (1 Astellas Pharma Inc., 2 Astellas Research Technologies Co. Ltd., 3 Chiba University), Development of a practical and scalable synthesis of a Glucokinase activator, 255th ACS National Meeting & Exposition, Poster ORGN 141, New Orleans (U. S. A.)2018318日)

9.                 Shoji Matsumoto, Synthesis of Iodinated-Organic Salts and Diversity of Iodine-Iodine Interaction in Their Crystal Structures, International Congress on Pure & Applied Chemistry (ICPAC) 2018, OBC 53, Siem Reap (Cambodia)2018310)(招待講演).

10.             Kasumi Hashimoto, Shoji Matsumoto, Motohiro Akazome, Inclusion Ability and Crystal Structures of N,N’-Bis(2,6-dimethylphenyl) Tartaric Acid Amide, The Second Symposium of Chiral Molecular Science and Technology 2018,ポスター番号P-13Chiba2018111日).

11.             安部俊亮,赤染元浩,松本祥治,ジイミダゾ[1,2-a:5',1'-c]キノキサリン誘導体の合成と光学特性,第11回有機π電子系シンポジウム,ポスター番号 PB12,埼玉(20171215日).

12.             赤染元浩,アミノ酸誘導体包接結晶の有機化学への応用,東京農工大学工学部講演会,東京都小金井市(2017126日)【招待講演】.

13.             赤染元浩,一発合格!履歴書・仕事に使える国家資格「甲種危険物取扱者」,東京農工大学工学部応用分子化学科,東京都小金井市(2017126日)【非常勤講師(応用分子化学特別講義T)】.

14.             橋本佳純,松本祥治,赤染元浩,窒素上に2,6-キシリル基をもつ酒石酸アミドの包接能と結晶構造第26回有機結晶シンポジウムポスター番号 P-48,山形(2017114日).

15.             槇 大輔,山下陽平,松本祥治,赤染元浩,キラルなヒドロベンゾインのケタールをもつシクロアルカン酸アミドの結晶化誘起ジアステレオマー変換第26回有機結晶シンポジウムポスター番号 P-46,山形(2017114日).

16.             隅田竜太,赤染元浩,松本祥治,ヨウ素を用いた2-(o-アルキニルフェニル)チアゾール類の環化反応における置換基の影響第7回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P7-039,東京(20171019日).

17.             大関武尚,赤染元浩,松本祥治,ヨウ化水素を用いたα-メチルスチレン類の内部オレフィンをもつ三量体形成反応第7回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P5-034,東京(20171018日).

18.             渡邊芽衣,赤染元浩,松本祥治,22’−ビイミダゾールおよびビイミダゾリウム塩誘導体の光学特性第7回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P3-023,東京(20171017日).

19.             清水亮輔,赤染元浩,松本祥治,モノ置換ベンゼン環をアクセプターとするドナーπーアクセプター化合物における置換基のメカノクロミズムへの影響第7回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P2-052,東京(20171017日).

20.             赤染元浩アミノ酸を用いる包接材料の設計と応用日本曹達()学術講演会,日本曹達()千葉研究所(2017915日)【招待講演】.

21.             隅田竜太,赤染元浩,松本祥治,2-(o-アルキニルフェニル)チアゾール類のヨウ素環化反応における置換基の影響,第20回ヨウ学会シンポジウム,ポスター番号 23,千葉(201798日).

22.             山手太軌,*1,2 鈴木啓之,*2 熊澤和久,*2 藤原崇幸,*3 山口 徹,*3 赤染元浩*1*1千葉大院工・*2日本曹達(株)・*3(株)TSテクノロジー)CH/π相互作用を駆動力とした高分子接着剤の設計指針未踏科学技術協会 未踏科学サマー道場 高分子材料のマルチスケールシュミレーションフロンティア,ポスター番号 P-04,神奈川(201793日). 【最優秀ポスター発表賞受賞】

 

2016年度

1.                 松本祥治,松島佳紀,赤染元浩,1,1',2,2'-テトラアリール-5,5'-ビイミダゾール誘導体の合成と置換基による光学特性変化日本化学会第97春季年会,講演番号 4F6-20,神奈川(2017319日).

2.                 Motohiro Akazome, Mei Kunito, Chisato Nishiguchi, Shoji Matsumoto, Control of Hydrogen Bonds in Crystalline Diamides Derived from Amino Acids Using Bulky Substituents日本化学会第97春季年会,ポスター番号 3PA-086,神奈川(2017318日).

3.                 Shoji Matsumoto, Ryosuke Shimizu, Yuji Ito, Motohiro Akazome, Influence of Substituent in Donor-π-acceptor Compounds Consisted of Mono-substituted Benzene Ring as an Acceptor on Mechanochromism日本化学会第97春季年会,ポスター番号 2PC-062,神奈川(2017317日).

4.                 Shoji Matsumoto, Takehisa Oseki, Masafumi Naito, Motohiro Akazome, Otani Yasuhiko, Formation of Internal Olefinic Trimer from α-Methystyrene Derivatives with HI日本化学会第97春季年会,ポスター番号 2PB-014,神奈川(2017317日).

5.                 赤染元浩,槇 大輔,山下陽平,櫻井志穂,松本祥治,3位をキラルなヒドロベンゾインでケタール化したシクロアルカン酸アミドのジアステレオマー法による分別結晶化日本化学会第97春季年会,講演番号 1C5-28,神奈川(2017316日).

6.                 Mei Kunito, Chisato Nishiguch, Shoji Matsumoto, Motohiro Akazome, Control of Hydrogen Bonds in Crystalline Diamides Derived from Amino Acids Using Bulky Substituents, 千葉大学分子キラリティー研究センター 第2回公開シンポジウム,ポスター,千葉(201738日).

7.                 Shoji Matsumoto, Formation of Iodinated-Organic Salts by Activation of Triple Bond with molecular Iodine and Halogen Bonding in Their Crystal Structures, 2nd Joint Workshop on Chirality in Chiba University (WCCU) and Soft Molecule Activation (SMA), Chiba20161220)(依頼講演).

8.                 Shoji Matsumoto, Shu Kikuchi, Motohiro Akazome, Crystal Structure of Iodoisoquinolinium Salts with a Halogen Bonding, 2nd Joint Workshop on Chirality in Chiba University (WCCU) and Soft Molecule Activation (SMA), ポスター番号P22, Chiba20161220.

9.                 松本祥治,渡邊芽衣,赤染元浩,1,1'-ジアルキル-5,5'-ジアリール-2,2'-ビイミダゾールおよびビイミダゾリウム塩誘導体の合成と光学特性,第10回有機π電子系シンポジウム,ポスター番号 PB07,京都(20161216日). 【ポスター賞受賞】

10.             内藤真史,赤染元浩,松本祥治,無水ヨウ化水素を用いた2-アリール-2-プロパノール類からのインダン類縁体合成反応第6回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P9-018,東京(20161116日).

11.             磯野 晃,松本祥治,赤染元浩,N-2,6-キシリルアミド構造をもつアミノ酸誘導体の包接能と結晶構造第6回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P8-055,東京(20161116日).

12.             菊地 脩,赤染元浩,松本祥治,ハロゲン結合を含む相互作用が働くヨードイソキノリニウム塩の結晶構造第6回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P8-047,東京(20161116日).

13.             綿引慶太,槇 大輔,松本祥治,赤染元浩,N,N'-ジフェニルオキサルアミドへのフッ素導入による水素結合ネットワークの変化第6回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P7-061,東京(20161116日).

14.             槇 大輔,山下陽平,櫻井志穂,松本祥治,赤染元浩,キラルなヒドロベンゾインを用いたケタ―ル化による3位に置換基をもつ環状ケトンの光学分割第6回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P7-059,東京(20161116日).

15.             伊藤湧士,赤染元浩,松本祥治,芳香族複素五員環カルボン酸誘導体をアクセプターとするドナーπアクセプター化合物のメカノクロミズム第6回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P7-044,東京(20161116日).

16.             小林哲丈,松本祥治,赤染元浩,N-トリチルアミノ酸のベンジルアミン塩の包接能と結晶構造第6回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P5-067,東京(20161115日).

17.             渡邊芽衣,赤染元浩,松本祥治,1,1'-ジメチル-5,5'-ジアリール-2,2'-ビイミダゾール誘導体の合成と光学特性第6回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P4-041,東京(20161115日).

18.             赤染元浩,槇 大輔,山下陽平,櫻井志穂,松本祥治,キラルなヒドロベンゾインを用いたケタール化による3位に置換基をもつ環状ケトンの光学分割第25回有機結晶シンポジウムポスター番号 P-23,京都(2016919日).

19.             赤染元浩,綿引慶太,槇 大輔,松本祥治,N,N-ジフェニルオキサルアミドへのフッ素導入による水素結合ネットワークの変化第25回有機結晶シンポジウムポスター番号 P-25,京都(2016919日).

20.             松本祥治,菊地 脩,赤染元浩,ハロゲン結合を有するヨードイソキノリニウム塩の結晶構造,第19回ヨウ学会シンポジウム,ポスター番号 25,千葉(2016916日). 【優秀ポスター賞受賞】

21.             Taiki Yamate*,**, Eiko Mieda,* Hiroshi Suzuki,* Kazuhisa Kumazawa,* Motohiro Akazome,** (*Nippon Soda Co. Ltd.; **Graduate School of Engineering, Chiba University), A Novel Primer Material Suitable for Connecting the Cyclic Olefin Polymer Film with an Electroconductive Layer, The 11th International Conference On Coatings On Glass & Plastics (ICCG 11), ポスター番号 P2.01, Germany2016614日).

 

2015年度

1.                 Shoji Matsumoto, Yuji Ito, Hiroki Hatakeyama, Motohiro Akazome, Mechanochromism of Donor-π-Acceptor Compounds Consisted of 5-Membered Heteroaromatic Carboxylic Acids as an Acceptor, 日本化学会第96春季年会,ポスター番号 3PB-040,京都(2016326日).

2.                 Motohiro Akazome, Akira Isono, Naoto Norita, Shoji Matsumoto, Crystal Structures and Inclusion Abilities of N-2,6-Xylyl Amides Derived from Amino Acids, 日本化学会第96春季年会,ポスター番号 3PA-259,京都(2016326日).

3.                 Motohiro Akazome, Tetsuhiro Kobayashi, Shoji Matsumoto, Enantioselective Inclusion of Alcohols into Amine Salts of N-Trityl Amino Acids and Amines, 日本化学会第96春季年会,ポスター番号 3PA-258,京都(2016326日).

4.                 ,*,** ,* ,* ****千葉大院工・*日本曹達(株)),CH/πした設計日本化学会第96春季年会,講演番号 2D1-34B講演),京都(2016325日).

5.                 Taiki Yamate*,**, Eiko Mieda,* Hiroshi Suzuki,* Kazuhisa Kumazawa,* Motohiro Akazome,** (*Nippon Soda Co. Ltd.; **Graduate School of Engineering, Chiba University), Development of the Novel Primer Material Suitable for Adhesion of the Cyclic Olefin Polymer Film and an Electroconductive Layer, 日本化学会第96春季年会,ポスター番号 1PC-130,京都(2016324日).

6.                 松本祥治,内藤真史,赤染元浩,ヨウいた2-アリール-2-プロパノールからのインダン日本化学会第96春季年会,講演番号 1H1-43,京都(2016324日).

7.                 Shoji Matsumoto, Sia Er Tan, Motohiro Akazome, Formation of 6-Indothiazolo[2,3-a]isoquinolini-4-ium Iodide and Its Iodine-Iodine Interaction, Joint Workshop on Chirality in Chiba University (WCCU) and Soft Molecule Activation (SMA), Poster No. 9, Chiba2016317.

8.                 Taiki Yamate*,**, Eiko Mieda*, Kazuhisa Kumazawa*, Hiroshi Suzuki*, Motohiro Akazome** (*Chiba Research Center, Nippon Soda Co. Ltd.; **Graduate School of Engineering, Chiba University), Development of the Novel Primer Material Suitable for Adhesion of the Cyclic Olefin Polymer Film and an Electroconductive Layer, FlexiblePrinted Electronics(FLEX) Conference 2016, (Poster), California, USA (2016229).

9.                 Hiroki Eshima, Shoji Matsumoto, Motohiro Akazome, Crystallization-induced Dynamic Resolution of a-Bromocarboxylic Acids Using Chiral Amines, The First Symposium of Chiral Molecular Science and Technology in Chiba University ‘-Advanced Materials Science, Biology & Nanophotonics in Chiba-‘, P-8 (Poster), Chiba2016229日).

10.             Shoji Matsumoto, Keisuke Sakamoto, Erdenebolor Batmunkh, Sheng Qu, Takamitsu Kobayashi, Masahiro Kanehiro, Motohiro Akazome, Synthesis and Fluorescence Properties of Symmetric and Asymmetric Diazolo[1,2-a:2′,1′-c]quinoxaline Derivatives in Solution and in the Solid State, The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACHIFICHEM 2015), ORGN 1863 (Poster), Honolulu, U. S. A. 20151218日).

11.             Taiki Yamate*,**, Eiko Mieda*, Kazuhisa Kumazawa*, Hiroshi Suzuki*, Motohiro Akazome**(*Chiba Research Center, Nippon Soda Co. Ltd.; **Graduate School of Engineering, Chiba University), Development of Novel Primer Material Suitable for COP Film and Ag Nano-ink, The 22nd International Display Workshops (IDW'15), ポスター番号 FLXp3-1, Shiga20151210日).

12.             松本祥治,松島佳紀,赤染元浩,1,1',5,5'-テトラアリール-2,2'-ビイミダゾール誘導体からの同時2種発光への置換基効果,第45回複素環化学討論会,ポスター番号 1P-33,東京(20151119日).

13.             Motohiro Akazome, Naoto Norita, Shohei Yokota, Shoji Matsumoto, Crystallization-induced Dynamic Resolution of Racemic Amides Using Enantioselective Inclusion into Chiral Amide and Urea Hosts, The 13th International Kyoto Conference on New Aspect of Organic Chemistry (IKCOC-12), ポスター番号PB(C)-053, Kyoto20151111日).

14.             赤染元浩,江島弘樹,松本祥治,フェニルグリシン誘導体を用いたα−ブロモカルボン酸の結晶化誘起動的分割第24回有機結晶シンポジウムポスター番号 P-45,広島(2015111日).

15.             赤染元浩,則田直人,松本祥治,アミノ酸から合成した嵩高いウレアによるアミド包接結晶の設計とデラセミ化第24回有機結晶シンポジウム講演番号 O-11,広島(2015111日).

16.             畠山博樹,赤染元浩,松本祥治,アミノ基を導入したジイミダゾキノキサリニウム塩の液性変化による蛍光特性変化第5回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P9-045,東京(20151015日).

17.             松島佳紀,赤染元浩,松本祥治,2,2'-ビイミダゾール誘導体からの同時2種類発光第5回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P8-008,東京(20151015日).

18.             則田直人,松本祥治,赤染元浩,トリチル基を有するアミノ酸誘導体によるアミド類の光学分割及び包接結晶化誘起デラセミ化第5回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P7-043,東京(20151015日)【優秀ポスター発表賞受賞】.

19.             小林哲丈,松本祥治,赤染元浩,N-トリチルアミノ酸のベンジルアミン塩類の包接能と結晶構造第5回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P7-040,東京(20151015日).

20.             内藤真史,赤染元浩,松本祥治,HIガスを用いたベンジルアルコール類との反応の多様性第5回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P4-038,東京(20151014日).

21.             菊地 脩,赤染元浩,松本祥治,イソキノリン塩の形成を目的とした2-(o-アルキニルフェニル)イミダゾール類のヨウ素環化反応第5回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P4-037,東京(20151014日).

22.             江島弘樹,松本祥治,赤染元浩,アミノ酸由来のアミノアルコールを用いたαブロモカルボン酸の結晶化誘起動的分割第5回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P1-043,東京(20151013日).

23.             松本祥治,内藤真史,赤染元浩,大谷康彦**(株)合同資源),ベンジルアルコール類とHIガスとの反応,第18回ヨウ学会シンポジウム,ポスター番号 19,千葉(2015916日).

24.             松本祥治,菊地 脩,赤染元浩,2(o−アルキニルフェニル)イミダゾール類のヨウ素環化によるイソキノリニウム塩形成反応,第18回ヨウ学会シンポジウム,ポスター番号 18,千葉(2015916日).

25.             Motohiro Akazome, Shohei Yokota, Naoto Norita, Shoji Matsumoto, Crystallization-induced Dynamic Resolution of α-Iodoamide Using Enantioselective Inclusion Into N,N’-Ditrityl (S)-2-Aminopropanamide, The 22nd International Conference on the Chemistry of the Organic Solid State (ICCOSS XXII), ポスター番号 P39, Niigata2015713日).

 

2014年度

1.                  松本祥治,菊地 脩,高田大貴,赤染元浩,2(o−アルキニルフェニル)イミダゾール類とヨウ素によるイソキノリン塩形成反応日本化学会第95春季年会,ポスター番号 3PB-176,千葉(2015328日).

2.                  松本祥治,松島佳紀,赤染元浩,2,2'−ビイミダゾール誘導体からの2種類の発光への置換基による影響日本化学会第95春季年会,ポスター番号 3PB-040,千葉(2015328日).

3.                  赤染元浩,小林哲丈,池ヶ谷誠斗,松本祥治,N−トリチルアミノ酸のキラルアミン塩の包接能と結晶構造日本化学会第95春季年会,ポスター番号 2PB-124,千葉(2015327日).

4.                  赤染元浩,江島弘樹,松本祥治,アミノ酸由来のアミノアルコールを用いたα−ハロカルボン酸の結晶化誘起動的分割日本化学会第95春季年会,ポスター番号 2PB-123,千葉(2015327日).

5.                  松本祥治,赤染元浩,ジアゾロ[1,2-a:2',1'-c]キノキサリン誘導体の固体発光と結晶構造日本化学会第95春季年会,講演番号 1D4-49,千葉(2015326日).

6.                  赤染元浩,池ヶ谷誠斗,松本祥治,N−トリチル−3−ヨードチロシンのtert−ブチルアミン塩の包接結晶による分子認識日本化学会第95春季年会,講演番号 1B7-40,千葉(2015326日).

7.                  赤染元浩,則田直人,松本祥治,嵩高いウレア構造を有するアミノ酸誘導体の包接結晶の設計と構造日本化学会第95春季年会,講演番号 1B7-39,千葉(2015326日).

8.                  松本祥治,茂木 淳,加藤直希,赤染元浩,アリールカルボン酸エステルをアクセプターとするドナー−π−アクセプター化合物のメカノクロミズム発現日本化学会第95春季年会,講演番号 1D3-01,千葉(2015326日).

9.                  Taiki Yamate*, Kazuhisa Kumazawa*, Kazuo Ono*, Shigeo Yamada*, Hiroshi Suzuki*, Motohiro Akazome (*Nippon Soda Co.Ltd., Chiba Research Center), Development of Novel Primer Material Suitable for Connecting COP Film and ITO Thin Layer, The 21st International Display Workshops (IDW ’14), ポスター番号FMCp2-6, TOKI MESSE Niigata, (2014124).

10.              Shoji Matsumoto, Hajime Abe, Tatsuya Kuroshio, Motohiro Akazome, Novel Fluorophore Consisted of Diimidazo[1,2-a: 2',1'-c]quinoxalinium Salt, The 9th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-9), The 5th New Phase International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (NICCEOCA-5) ポスター番号PD22, Malaysia2014123日).

11.              畠山博樹,黒潮達也,赤染元浩,松本祥治,分子内にアニオン性官能基を有するジイミダゾキノキサリニウム誘導体の合成と物性第4回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P6-044,東京(20141016日).

12.              白神真志,松本祥治,赤染元浩,(R)-2-(3-アミノフェノキシ)プロパン酸からなる環状トリペプチドホストへのメチル基導入による包接能の制御第4回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P8-032,東京(20141016日).

13.              則田直人,松本祥治,赤染元浩,アミノ酸を出発原料とした1-(β-シロキシエチル)-3-トリチルウレアの包接能と結晶構造第4回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P6-035,東京(20141015日).

14.              池ヶ谷誠斗,松本祥治,赤染元浩,N-トリチルアミノ酸のtert-ブチルアミン塩による不斉認識と結晶構造第4回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P4-041,東京(20141015日)【優秀ポスター発表賞受賞】.

15.              赤染元浩トリチル基をもつアミノ酸誘導体の立体選択的包接と結晶化誘起デラセミ化反応,第1回次世代の有機化学・広島シンポジウム,広島(20141010日)【招待講演】.

16.              松本祥治TAN SIA ER,赤染元浩,2(o−アルキニルフェニル)チアゾール類とヨウ素による環状有機塩化合物の合成,第17回ヨウ学会シンポジウム,ポスター番号 16,千葉(2014919日).

17.              赤染元浩,池ヶ谷誠斗,松本祥治,N−トリチルアミノ酸のtert−ブチルアミン塩による分子認識と結晶構造第23回有機結晶シンポジウム講演番号 O-11,千葉(2014916日).

18.              赤染元浩,則田直人,山崎 舞,松本祥治,アミノ酸アミドへのトリチル基導入による水素結合ネットワークの制御第23回有機結晶シンポジウムポスター番号 P-5,千葉(2014915日).

19.              Motohiro Akazome, Shohei Yokota, Ken Megumi, Shoji Masumoto, Enantioselective Inclusion of α-Haloamide Into a N, N'-(S)-Ditrityl Amino Amide Host and the Crystallization-induced Deracemization, Joint Congress of Asian Crystallization Technology Symposium-2014 (ACTS-2014) and 11th International Workshop on Crystal Growth of Organic Materials (CGOM11), OC-CGOM-04, Nara2014619日)(招待講演).

20.              Motohiro Akazome, Masato Ikegaya, Ken Megumi, Shoji Matsumoto, Enantioselective Inclusion of Alcohols Into Salts Between N-Trityl (S)-Amino Acids and Amines, Joint Congress of Asian Crystallization Technology Symposium-2014 (ACTS-2014) and 11th International Workshop on Crystal Growth of Organic Materials (CGOM11), PC-42, Nara2014620日).

 

2013年度

1.                  赤染元浩,池ヶ谷誠斗,松本祥治,Nトリチルドーパのtertブチルアミン塩のアルコール包接における分子認識と結晶構造日本化学会第94春季年会,ポスター番号 3PA-071,名古屋(2014329日).

2.                  赤染元浩,則田直人,横田祥平,松本祥治,Nトリチルウレア構造をもつアミノ酸誘導体の包接能と結晶構造日本化学会第94春季年会,ポスター番号 3PA-070,名古屋(2014329日).

3.                  赤染元浩,赤松達也,松本祥治,(R)-2-(3-アミノフェノキシ)プロパン酸からなる環状トリペプチドへの第四級アンモニウム化合物に対するキラルシフト試薬への利用日本化学会第94春季年会,ポスター番号 1PC-099,名古屋(2014327日).

4.                  松本祥治,黒潮達也,岩本直樹,赤染元浩,分子内にスルホナートを有するジイミダゾ[1,2-a:2',1'-c]キノキサリニウム塩の合成と物性日本化学会第94春季年会,ポスター番号 1PC-064,名古屋(2014327日).

5.                  松本祥治,畠山博樹,茂木 淳,赤染元浩,5-ピリミジンカルボン酸をアクセプターにもつドナー−π−アクセプター型化合物の合成と物性評価日本化学会第94春季年会,ポスター番号 1PC-063,名古屋(2014327日).

6.                  松本祥治,野呂大樹,赤染元浩,1,1',5,5'-テトラアリール-2,2'-ビイミダゾール誘導体の合成と光学特性日本化学会第94春季年会,ポスター番号 1PC-061,名古屋(2014327日).

7.                  赤染元浩,白神真志,赤松達也,松本祥治,(R)-2-(3-アミノフェノキシ)プロパン酸からなる環状トリペプチドへのメチル基導入による第四級アンモニウム塩に対する分子認識に与える影響日本化学会第94春季年会,ポスター番号 1PB-042,名古屋(2014327日).

8.                  松本祥治,安部 元,赤染元浩,ジイミダゾ[1,2-a:2',1'-c]キノキサリニウム化合物の構造と光学特性,第7回有機π電子系シンポジウム,ポスター番号 PA05,高崎(20131213日).

9.                  Jun Moteki, Motohiro Akazome, Shoji Matsumoto, Syntheses and Physical Properties of Benzoic Acid Derivatives Bearing an Electron-accepting Group at the Meta Position for Dye-sensitized Solar Cells, 3rd Junior International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (Asian Core Program), P24, Chiba20131123日).

10.              赤染元浩,横田祥平,松本祥治,N,N'-ジトリチルアラニンアミドの立体選択的な包接を利用したゲストアミドのデラセミ化,第22回有機結晶シンポジウム,ポスター番号 P-42,札幌(20131031日).

11.              赤染元浩,池ヶ谷誠斗,惠 健,松本祥治,N-トリチルドーパのtert-ブチルアミン塩のゲスト包接挙動と結晶構造,第22回有機結晶シンポジウム,ポスター番号 P-57,札幌(20131030日).

12.              池ヶ谷誠斗,惠 健,松本祥治,赤染元浩,N-トリチルチロシンのtert-ブチルアミン塩の包接現象を用いた1-アリールアルカノールの不斉認識第3回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P6-34,東京(20131023日).【優秀ポスター発表賞受賞】

13.              赤松達也,松本祥治,赤染元浩,(R)-2-(3-アミノフェノキシ)プロパン酸からなる環状トリペプチドの第四級アンモニウム化合物に対する不斉識別第3回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P6-33,東京(20131023日).【優秀ポスター発表賞受賞】

14.              松原俊介木幸治,松本祥治,赤染元浩,2-(3-アミノフェノキシ)アルカン酸からなる環状トリペプチドの合成と第四級アンモニウム塩の包接に及ぼす側鎖の影響第3回CSJ化学フェスタ,ポスター番号 P6-32,東京(20131023日).

15.              松本祥治,岩本直樹,赤染元浩,トリアゾピロロキノキサリン誘導体の合成と光学特性,第43回複素環化学討論会,講演番号 1P-27,岐阜(20131017日).

16.              松本祥治,趙 宇,赤染元浩,2,2'-ビイミダゾールおよびベンゾ[d]イミダゾール誘導体の合成と光励起による共役系伸長,第43回複素環化学討論会,講演番号 1O-09,岐阜(20131017日).

17.              松本祥治,小板橋誠吾,赤染元浩,大谷康彦**合同資源産業(株)),ヨウ化水素ガスを用いたケトン二分子によるアルキル化反応,第16回ヨウ学会シンポジウム,ポスター番号 19,千葉(2013918日).【ポスター賞受賞】

18.              松本祥治,高田大貴,赤染元浩,ヨウ素環化反応による環状チオアミジウム塩の生成と反応への利用,第16回ヨウ学会シンポジウム,ポスター番号 16,千葉(2013918日).

19.              Motohiro Akazome, Ken Megumi, Masato Ikegaya, Shoji Matsumoto, Molecular Recognition of Organic Guests by Inclusion Salt Crystals between N-Trityl Amino Acids and tert-Butylamine, The 21st International Conference on the Chemistry on the Organic Solid State, P37, University of Oxford, UK 201385.

20.              赤染元浩アミノ酸誘導体の包接結晶を用いる分子認識化学,埼玉大学大学院理工学研究科講演会,さいたま市2013621日).

21.              赤染元浩アミノ酸から誘導される1,3−ジアルキルウレア包接結晶と不斉認識への応用2013有機反応研究会,大阪市201367日).

22.              Motohiro Akazome, Ken Megumi, Masata Ikegaya, Shoji Matsumoto, Enantioselective Inclusion of Alcohols by Salts between N-Trityl Amino Acids and tert-Butylamine, Symposium on Molecular Chirality 2013, 講演番号OP-018, Kyoto 2013511日).

 

2012年度

1.                  惠 健,松本祥治,赤染元浩,N-トリチルアミノ酸アミン塩のアルコール包接における結晶構造の多様性と分子認識日本化学会第93春季年会,講演番号 4C1-01,滋賀(2013325日).【学生講演賞受賞】

2.                  松本祥治,安部 元,赤染元浩,ジイミダゾ[1,2-a:2',1'-c]キノキサリニウム塩の分子内蛍光消光現象の機構解明日本化学会第93春季年会,講演番号 4A5-01,滋賀(2013325日).

3.                  赤染元浩,池ヶ谷誠斗,惠 健,松本祥治,N-トリチルチロシンのアミン塩によるアリールアルカノールの不斉認識日本化学会第93春季年会,講演番号 3PC-130,滋賀(2013324日).

4.                  松本祥治,高田大貴,影山裕一,柴田廣之,赤染元浩,ヨウ素環化反応による環状チオアミジウム塩の生成日本化学会第93春季年会,講演番号 3PB-023,滋賀(2013324日).

5.                  赤染元浩,赤松達也,松本祥治,(R)-2-(3-アミノフェノキシ)プロパン酸からなる環状トリペプチドの第四級アンモニウム化合物に対するキラル識別日本化学会第93春季年会,講演番号 3A4-03,滋賀(2013324日).

6.                  赤染元浩,木幸治,松本祥治,2-(3-アミノフェノキシ)プロパン酸からなるボウル型トリペプチドの第四級アンモニウム化合物の会合機構日本化学会第93春季年会,講演番号 3A4-02,滋賀(2013324日).

7.                  赤染元浩,松原俊介,木幸治,松本祥治,2-(3-アミノフェノキシ)アルカン酸からなる環状トリペプチドの包接能への側鎖の影響,日本化学会第93春季年会,講演番号 2PB-099,滋賀(2013323日).

8.                  松本祥治,茂木 淳,赤染元浩,西田和史*,須田康政*(東洋インキSCホールディングス(株)),メタ位に電子求引基を導入した安息香酸構造を有する色素の合成と光学特性,日本化学会第93春季年会,講演番号 2PB-059,滋賀(2013323日).

9.                  松本祥治,青木達郎,赤染元浩,1,3-インダンジオン誘導体のヒドラゾン化による吸収波長の長波長化日本化学会第93春季年会,講演番号 1A2-06,滋賀(2013322日).

10.              赤染元浩アミノ酸誘導体包接結晶のキラル識別能を利用した中性分子の光学分割,第1回千葉大学キラリティーネットワーク研究会講演会(依頼講演),千葉(201335日).

11.              Motohiro Akazome, Ken Megumi, Shohei Yokota, Fara Nadiah Binti Mohd Arif,and Shoji Matsumoto, Installation of Trityl Groups: Design of Inclusion Crystals by Controlling Hydrogen Bonds and the Chiral Recognition, The 7th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-7), The 3rd New Phase International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (NICCEOCA-3) ポスター番号PA28, Nanyang Technological University, Singapore20121212日).

12.              Shoji Matsumoto, Erdenebolore Batmunkh, Motohiro Akazome, Optical Properties of Diimidazo[1,2-a:2',1'-c]quinoxalines: Relation to the Structural Modification, The Twelfth International Kyoto Conference on New Aspect of Organic Chemistry (IKCOC-12), ポスター番号PA-072, Kyoto20121113日).

13.              惠 健,大橋拓也,松本祥治,赤染元浩,N,N-ジ(β-シロキシアルキル)ウレアの包接におけるシリル基の嵩高さが及ぼす影響,第21回有機結晶シンポジウム,ポスター番号 P-50,神奈川(2012119日).

14.              赤染元浩,横田祥平,惠 健,松本祥治,水素結合切断型N,N '-ジトリチルアラニンアミドの包接結晶:水素結合を補償する立体選択的なアミドの包接と四点認識,第21回有機結晶シンポジウム,ポスター番号 P-51,神奈川(2012118日).

15.              松本祥治,柴田廣之,赤染元浩,1-エチニル-2-スルフィニルベンゼンとヨウ素による反応第15回ヨウ学会シンポジウム,ポスター番号 14,千葉(2012911日).

16.              Motohiro Akazome, Molecular Recognition of Bowl-shaped Tripeptides Consisted of 2-(Aminophenoxy)alkanoic Acids, Professor Andy Hamilton's 60th Birthday Symposium, University of Oxford, UK 2012615日).

17.              赤染元浩トリチル基による水素結合切断法にもとづく不斉認識ためのアミノ酸誘導体包接結晶の構築2012有機反応研究会,大阪市(201268日).

 

2011年度

1.                 松本祥治,柴田廣之,赤染元浩,1-エチニル-2-スルフィニルベンゼン誘導体のヨウ素によるα-ジケトン生成反応日本化学会第92春季年会,講演番号 3PA-031,神奈川(2012327日).

2.                 惠 健,松本祥治,赤染元浩,2種類のアミノ酸誘導体からなる非対称ウレアをホストとするアミド類の包接と不斉認識日本化学会第92春季年会,講演番号 2PA-278,神奈川(2012326日).

3.                 赤染元浩,横田祥平,惠 健,松本祥治,N,N’-ジトリチルアミノ酸アミドの包接能と結晶構造日本化学会第92春季年会,講演番号 2PA-277,神奈川(2012326日).

4.                 松本祥治,野呂大樹BATMUNKH Erdenebolor,赤染元浩,2,2’-ビピロール構造を有するメカノクロミック材料の開発日本化学会第92春季年会,講演番号 2PA-201,神奈川(2012326日).

5.                 松本祥治,安部 元,赤染元浩,蛍光性ジイミダゾ[1,2-a:2',1'-c]キノキサリニウム塩誘導体の消光現象日本化学会第92春季年会,講演番号 2PA-200,神奈川(2012326日).

6.                 赤染元浩,赤松達也,木幸治,松本祥治,2-(3-アミノフェノキシ)プロパン酸の環状三量体のキラル識別能日本化学会第92春季年会,講演番号 2PA-164,神奈川(2012326日).

7.                 赤染元浩,木幸治,松本祥治,2-(3-アミノフェノキシ)プロパン酸からなる環状三量体の官能基修飾による包接能への影響日本化学会第92春季年会,講演番号 2PA-163,神奈川(2012326日).

8.                 松本祥治,風間睦子,赤染元浩,2,5-ジカルボキシル-2,4-シクロペンタジエノン誘導体の光学特性日本化学会第92春季年会,講演番号 2PA-102,神奈川(2012326日).

9.                 松本祥治,岩本直樹,安倍 元,赤染元浩,イミダゾ[1,2-a]ピロロ[2,1-c]キノキサリン誘導体の合成と光学特性日本化学会第92春季年会,講演番号 2PA-101,神奈川(2012326日).

10.             赤染元浩,慶長和明,松本祥治,2-(2-アミノフェノキシ)アルカン酸からなるボウル型トリペプチドの第四級アンモニウム化合物との錯形成日本化学会第92春季年会,講演番号 1M4-07,神奈川(2012325日).

11.             松本祥治,影山裕一,赤染元浩,1-メチルチオ-1-ヘキセン-5-イン誘導体とヨウ素による2-ヨードジヒドロチオピラン生成反応第14回ヨウ学会シンポジウム,ポスター番号 22,千葉(20111118日).

12.             惠 健,松本祥治,赤染元浩,アミノ酸誘導体からなるN,N’-ジアルキルウレアをホストとするアミド類の包接と不斉認識,第20回有機結晶シンポジウム,講演番号 O18,富山(20111021日).

13.             赤染元浩,堀口達徳,惠 健,松本祥治,トレオニルフェニルアラニンによるスルホキシド類の包接と不斉認識,第20回有機結晶シンポジウム,講演番号 P16,富山(20111020日).

14.             松本祥治,坂本圭亮,Batmunkh Erdenebore,赤染元浩,ピロロおよびイミダゾ[1,2-a:2',1'-c]キノキサリン誘導体の合成と光学特性,第41回複素環化学討論会,講演番号 2O-01,熊本(20111021日).

15.             松本祥治,森 隆浩,赤染元浩,3位にメトキシカルボニル基やカルボキシル基を持つ1,2-ジヒドロキノリン誘導体の蛍光特性,第41回複素環化学討論会,講演番号 1P-059,熊本(20111020日).

16.             Motohiro Akazome, Cyclic Tripeptides of 2-(Aminophenoxy)alkanoic Acids: the Bowl-shaped Structure and Molecular Recognition, The 14th Asian Chemical Congress (14ACC), INV-G6-38, Queen Sirikit National Convention Center (QSNCC), Bangkok, Thailand201198日).

17.             Motohiro Akazome, Norihiro Hamada, Koji Takagi, Shoji Matsumoto, Binding of Quaternary Ammonium Compounds to Bowl-shaped Tripeptides of 2-(3-Aminophenoxy)alkanoic Acids, 23rd International Symposium on Chiral Discrimination (Chirality 2011), O-24, University of Liverpool, UK2011711日). (招待講演)

18.             赤染元浩ボウル型トリペプチドのアセチルコリン受容体モデルと第四級アンモニウム化合物の分子認識2011有機反応研究会,大阪大学,(2011610日).(招待講演)

19.             赤染元浩,濱田規寛,木幸治,松本祥治,2-(3-アミノフェノキシ)アルカン酸からなるボウル型トリペプチドによる第4級アンモニウム化合物の分子認識,第7回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号 A-14,広島(2011528日).

20.             松本祥治,青木達郎,鈴木翼天,赤染元浩,別当 温*,須田康政**東洋インキSCHD(株)),1,3-インダンジオン骨格を有する新規増感色素の開発61回有機合成化学協会関東支部シンポジウム,講演番号 B10,千葉(2011522日).

 

2010年度

1.                 松本祥治,Batmunkh Erdenebolor,赤染元浩,2つのジイミダゾ[1,2-a:2',1'-c]キノキサリン構造を3位で連結した化合物の合成と光学特性日本化学会第91春季年会,講演番号 4D8-28,神奈川(2011311日).

2.                 松本祥治,坂本圭亮,赤染元浩,ベンゾイミダゾ[1,2-a]イミダゾ[2,1-c]キノキサリン誘導体の合成と光学特性日本化学会第91春季年会,講演番号 4D8-29,神奈川(2011311日).

3.                 松本祥治,橋本顕慎,森 隆浩,赤染元浩,大谷康彦**合同資源産業(株)),ヨウ化水素ガスを用いた無溶媒条件下でのエーテル開裂反応日本化学会第91春季年会,講演番号 3PB-061,神奈川(2011311日).

4.                 赤染元浩,慶長和明,松本祥治,2-(2-アミノフェノキシ)アルカン酸の環状三量体の合成とそのボウル型構造への第四級アンモニウム化合物の錯形成日本化学会第91春季年会,講演番号 2D8-48,神奈川(2011311日).

5.                 赤染元浩,濱田規寛,松本祥治,2-(3-アミノフェノキシ)アルカン酸の環状三量体のボウル型構造を用いた第四級アンモニウム化合物の分子認識日本化学会第91春季年会,講演番号 2D8-49,神奈川(2011311日).

6.                 赤染元浩,柴雄一郎,惠 健,松本祥治,トリチル基を修飾したN-トリチルアミノ酸アミン塩の包接能および結晶構造日本化学会第91春季年会,講演番号 2PA-157,神奈川(2011311日).

7.                 赤染元浩,辻 智子,惠 健,松本祥治,トリチル基を導入した芳香族アミノ酸アミン塩の包接能と結晶構造日本化学会第91春季年会,講演番号 2PA-158,神奈川(2011311日).

8.                 惠 健,松本祥治,赤染元浩,N-カルバモイルアミノ酸誘導体の包接能と結晶構造日本化学会第91春季年会,講演番号 2PA-159,神奈川(2011311日).

9.                 赤染元浩,木幸治,慶長和明,松本祥治,アントラニル酸とロイシンからなる環状ペプチドのボウル型構造と包接能日本化学会第91春季年会,講演番号 1PC-180,神奈川(2011311日).

10.             松本祥治,安部 元Batmunkh Erdenebolor赤染元浩,ジイミダゾ[1,2-a:2',1'-c]キノキサリン類のイミダゾリウム塩化による蛍光特性への影響,日本化学会第91春季年会,講演番号 1PC-082,神奈川(2011311日).

11.             M. Akazome, K. Megumi, S. Toma, S. Matsumoto, Molecular recognition of alcohols by inclusion compounds of dipeptides and ammonium salts of N-trityl amino acids, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, ORGN 425, Honolulu, U. S. A. 20101216日).

12.             K. Megumi, S. Matsumoto, M. Akazome, Column structures of salts between carboxylic acids and amino acid amides having a trityl group and their application for optical resolution of carboxylic acids, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, ORGN 385, Honolulu, U. S. A. 20101216日).

13.             S. Matsumoto, K. Takase, M. Kimura, H. Nishimura, K. Sakamoto, M. Akazome, Novel formation of iodobenzne derivatives from 1-(methylthio)-1,3-alkadien-5-ynes via iodine-induced C-C bond formation, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, ORGN 928, Honolulu, U. S. A. 20101217日).

14.             赤染元浩,惠 健Mohd Arif Fara Nadiah松本祥治,N-トリチルフェニルアラニンアミン塩のカラム構造へのアルコール包接による不斉認識,第19回有機結晶シンポジウム,P18,大阪(20101111日).

15.             赤染元浩,堀口達徳惠 健,松本祥治,トレオニルフェニルアラニンによるアルコール類の包接と結晶構造,第19回有機結晶シンポジウム,P21,大阪(20101112日).

16.             松本祥治,森 隆浩,赤染元浩,ジヒドロキノリン誘導体合成におけるヨウ化水素生成法の影響第13回ヨウ学会シンポジウム,ポスター番号 13,千葉(2010119日).

17.             赤染元浩ジペプチドやアミノ酸塩の有機結晶を用いる包接現象と不斉認識,日本化学会第4回関東支部大会,1B2-26(依頼講演),茨城(2010830日).

18.             Motohiro Akazome, Masashi Enzu, Yohei Goto, Shoji Matsumoto, Chiral Bowl-Shaped Structure of Cyclic Peptides Composed of Anthranilic Acid and Leucine, 22nd International Symposium on Chirality (ISCD-22), 講演番号 PB-69, Hokkaido2010714日).

 

2009年度

1.                 松本祥治,森 隆浩,赤染元浩,1,2-ジヒドロ-3-カルボキシキノリン誘導体の蛍光特性日本化学会第90春季年会,講演番号 4E7-18,大阪(2010329日).

2.                 松本祥治,趙 宇,赤染元浩,窒素上にアリール基をもつ2,2’-ビイミダゾールおよびベンゾイミダゾール誘導体への金属配位現象日本化学会第90春季年会,講演番号 3E5-36,大阪(2010328日).

3.                 松本祥治,影山裕一,西村仁宏,赤染元浩,1-メチルチオ-3-トシル-1-ヘキセン-5-イン誘導体とヨウ素の反応日本化学会第90春季年会,講演番号 2PB-023,大阪(2010327日).

4.                 松本祥治,Batmunkh Erdenebolor,坂本圭亮,赤染元浩,1,1’-フェニレン2,2’-ビイミダゾール誘導体の合成と光学特性日本化学会第90春季年会,講演番号 2PA-070,大阪(2010327日).

5.                 赤染元浩,惠 健Mohd Arif Fara Nadiah,松本祥治,N-トリチルアミノ酸アミン塩のアルコール包接能と結晶構造日本化学会第90春季年会,講演番号 2H1-08,大阪(2010327日).

6.                 赤染元浩,遠津 正,松本祥治,アントラニル酸とロイシンからなる環状ペプチドの合成と構造,日本化学会第90春季年会,講演番号 2B1-02,大阪(2010327日).

7.                 赤染元浩,惠 健,松本祥治,トリチル基を導入したアミノ酸アミドのカルボン酸塩におけるカラム構造と不斉認識,第18回有機結晶シンポジウム,ポスター番号 P-31,東京(2009119日).

<↑優秀ポスター賞受賞>

8.                 松本祥治,森 隆浩,赤染元浩,ヨウ化水素と3-(アリールアミノ)アクリル酸エステルによる新規ジヒドロキノリン誘導体生成反応第12回ヨウ学会シンポジウム,ポスター番号 17,千葉(20091029日).

9.                 Shoji Matsumoto, Kazuto Kimura, Takeru Sano, Motohiro Akazome, Katsuyuki Ogura, Electric Conductivity in the Complex of Mesoionic anhydro-3-Hydroxythiazolo[3,2-a]pyridinium Hydroxide with Iodine, The 26th International Conference of Photopolymer Science and Technology: Materials & Processes for Advanced Microlithography and Nanotechnology, 講演番号A-82, Chiba200973日).

10.             赤染元浩,後藤洋平,助川順平,松本祥治,2-(2-アミノフェノキシ)アルカン酸からなるオリゴペプチドのヘリックスならびにボウル構造,第5回ホスト-ゲスト化学シンポジウム,講演番号 1A-5,栃木(2009530日).

 

2008年度

1.                 赤染元浩,當真周作,松本祥治,小倉克之,(S)-トレオニル-(S)-フェニルグリシンによるアルコール類の分子認識,日本化学会第89春季年会,講演番号 4B4-08,千葉(2009330日).

2.                 赤染元浩,助川潤平,後藤洋平,松本祥治,小倉克之,2-(2-アミノフェノキシ)アルカン酸からなる環状トリペプチドのボウル型構造,日本化学会第89春季年会,講演番号 3E3-40,千葉(2009329日).

3.                 赤染元浩,惠 健,公文浩視,松本祥治,小倉克之,嵩高いトリチル基を窒素上に導入したフェニルグリシンのアミン類との塩形成と結晶構造,日本化学会第89春季年会,講演番号 3PB-201,千葉(2009329日).

4.                 赤染元浩,渡辺真和,松本祥治,小倉克之,ニトロフェノキシプロピオン酸のアミン塩の結晶構造と不斉認識能,日本化学会第89春季年会,講演番号 3PB-199,千葉(2009329日).

5.                 松本祥治,瞿 晟,赤染元浩,小倉克之,1,1-フェニレン-2,2-ビスインドール誘導体の光学特性:6,6’位での置換基効果,日本化学会第89春季年会,講演番号 3PB-079,千葉(2009329日).

6.                 松本祥治,趙 宇,赤染元浩,小倉克之,窒素上にアリール基をもつ2,2-ビスイミダゾールおよびビスベンゾイミダゾール誘導体の合成と物性,日本化学会第89春季年会,講演番号 3PB-080,千葉(2009329日).

7.                 松本祥治,森 隆浩,木村真人,赤染元浩,3-(アリールアミノ)アクリル酸エステルと酸による新規ジヒドロキノリン誘導体生成反応,日本化学会第89春季年会,講演番号 1G4-47,千葉(2009327日).

8.                 松本祥治,木村真人,西村仁宏,小倉克之,アルキン部位とチオビニル部位間での炭素―炭素結合形成によるヨウ素置換芳香族化合物の生成反応,第35回有機典型元素化学討論会,講演番号 P-56,東京(20081211日).

9.                 赤染元浩,惠 健,小倉克之,トリチル基を導入したフェニルグリシンアミドとカルボン酸類の塩形成によるカラム構造17回有機結晶シンポジウム,講演番号 P8,大阪(20081114日).

10.             松本祥治,西村仁宏,小倉克之,3-アリール-1-メチルチオ-1,3-ヘキサジエン-5-インのヨウ素分子によるヨードベンゼン誘導体生成反応,第11回ヨウ学会シンポジウム,講演番号 09,千葉(2008117日).

11.             Motohiro Akazome, Ken Megumi, Katsuyuki Ogura, Column Structure of Salts Between Phenylglycinamide Having Trityl Group and Carboxylic Acids, International Meeting on Fluorinated-Peptide Chemistry, 講演番号 P-15, Tokyo2008114日).

12.             Shoji Matsumoto, Hitohiro Nishimura, Katsuyuki Ogura, Formation of Iodobenzene Derivatives from 1-(Methylthio)-1,3-hexadien-5-ynes: The effect of Aryl Group at the 3 Position, International Meeting on Fluorinated-Peptide Chemistry, 講演番号 P-14, Tokyo2008114日).

13.             Motohiro Akazome, Ai Doba, Katsuyuki Ogura, Enaitioselective inclusion of methyl phenyl sulfoxide by (S)-alkylglycyl-(S)-phenylglycine, XXI Congress of the International Union of Crystallography (IUCr 2008), 講演番号P06.07.28 (C391), Osaka2008824-45日).

 

 

さらに過去の発表は【こちら】

 

【ホームに戻る】