◇ 令和3年4月1日付で.梅野の本務地は早稲田大学先進理工学部(応用化学科)に移動し,河合が主宰者になりました。体制はかわりましたが,22名の仲間が(梅野も含め)ガンガン研究推進中です!

News & Topics

2021.7.10
お知らせ
大谷悠介君と共同研究している新潟大学佐藤努研究室の藤井明日香さんの研究発表が,新潟生化学懇話会で優秀プレゼンテーション賞を受賞しました!
2021.6.25
学会発表
オンラインで開催された学会で発表しました。
D3:大谷悠介さん VICC 2021:The 1st Virtual International Conference on Carotenoids(2021.6/22-24) 口頭発表「A Novel Carotenoid Biosynthetic Route via Oxidosqualene」

M1:阿由葉里奈さん 第21回日本蛋白質科学会年会(2021.6/16-18)ポスター発表「ArsR-LuxR融合タンパク質におけるCysとヒ素(III)の結合を介した超構造形成のメカニズム」
2021.4.1
お知らせ
梅野先生が千葉大学の特任教授に就任されました。これからもみんなで頑張りましょう!
2021.4.1
お知らせ
梅野先生が植物分子科学センターの客員教授に就任されました。
2021.3.31
お知らせ
梅野先生が早稲田大学に移動されました。
2021.3.24
プレスリリース
当研究室で博士号を取った冨永将大さん(神戸大)との共同研究がプレスリリースされました。
千葉大プレス
Facebook 千葉大学 ChibaUniversity
Twitter @Chiba_Univ_PR
2021.2.17
公聴会
1/21に李伶さんの博士論文発表会、2/8に1名の修論発表会、2/17に8名の卒論発表会がオンラインにて行われました。
2021.2.2
2020.11.26
3年生歓迎会
3年生の男子学生8名の歓迎会を三密回避のためオンラインで行いました。
B4のみなさま、クイズやスライドなどの準備をありがとうございました!
2020.11.6-7
生命金属に関する合同年会で受賞
11/6-7にオンライン開催された生命金属に関する合同年会で阿由葉 里奈さん(B4)のポスター発表「ArsR-LuxR 融合タンパク質におけるヒ素結合を介した超構造形成のメカニズム」が”生命金属科学研究推進賞”を受賞しました。
http://www.conmetal2020.jp/program.html
2020.8.25
2020.7.14
斎藤恭一名誉教授の書籍が朝日新聞に紹介されました
斎藤恭一名誉教授(元バイオマテリアル研究室)が、「大学教授が、『研究だけ』していると思ったら、大間違いだ!」という書籍を出版され、朝日新聞に紹介されました!
2020.4.27
リモートで繋がっています
新型コロナウイルス感染防止対策のため、ラボ内の進捗報告やプロポーサルなどの発表、会議、朝礼にWEB会議システムを取り入れました。
2020.4.1
新年度開始
新しく8名のB4を迎え、新年度が始まりました!ところが新型コロナウイルスの影響で予定されていたキックオフミーティングは延期、研究や授業にも影響が続いています。
感染拡大防止のための行動をとりつつ、貴重な時間を有意義につかいたいです。
2020.3.27
論文公開
筆頭著者:河合(野間)繁子先生の論文"Improvement of the dP-nucleoside-mediated herpes simplex virus thymidine kinase negative"がJBBに受理後、オンラインで公開されました。
https://doi.org/10.1016/j.jbiosc.2020.03.002
2020.3.25
旅立ち
2/5に木村友紀さんのD論発表会、2/13に6名の修論発表会、2/19に6名の卒論発表会を終え、みなさん学位を終了されました。
今年は新型コロナウイルスの影響で多くの行事が中止され、異動されるPD小林さんをはじめとする皆さんと名残惜しいお別れとなりました。また会いましょう!
2019.12.26
年収め
ラボ全員で実験室と居室の大掃除をしました。清掃後は、大掃除お疲れ様会 兼 忘年会を行いました。
今年は例年と趣向を変えて、視聴覚室でなく居酒屋で飲み放題付。すっかり流し清められました。
2019.10.24
歓送迎会
視聴覚室で18時より2研に配属される8名のB3の方々の歓迎会と、補佐員の鈴木さんの送別会を行いました。
先輩になるB4のみなさまは、会場やスライドなどの準備をありがとうございました!
2019.9.28
第3回グラフト友の会
斎藤先生にゆかりの方々が集い、第3回グラフト友の会がJA会館東京で開催されました。
先生のご退官の記念の品として、千葉大関係者有志より銀座吉兆のペアお食事券をお贈りしました。楽しいお時間をお過ごしいただけますと幸いです。
ご協力いただいたみなさまもありがとうございました。
2019.9月
カロテノイド研究談話会
梅野先生がお世話役のカロテノイド研究談話会と2019カロテノイド若手の会が9/21-23に千葉大学 西千葉キャンパスにて開催されました。
談話会でPD:関貴洋さんとM2:斉藤遥平さんが口頭発表、若手の会で研究室の11名がポスター発表をしました。
春にデビューした千葉大の新キャラ、ニシ・イノ・マツにも来ていただき、みんなで集合写真を撮りました。
3連休の期間、心配した雨も降らず、盛況のなか終了いたしました。
2019.9.1
生合成リデザイン若手シンポジウム
8/31-9/1に長生のリソル生命の森で開催された第3回生合成リデザイン若手シンポジウムに梅野先生をはじめ10名のラボメンバーで参加しました。
PD:関貴洋さんとM2:斉藤遥平さん、南方克哉さん、多田和樹さんがポスター発表をしました。
2019.8.18
BBQ
今年は研究室旅行に代わり、稲毛海岸のバーベキュー場でBBQを楽しみました。
自由参加にもかかわらずたくさんの方が参加しました。立候補してくださった幹事さん、ありがとうございます。
2019.7.31
改装を祝う会
研究室の改装工事が終わり、バイオ系実験室が4部屋になり、教授室とセミ室もきれいになりました。
改装を祝う会は研究室のみんなで盛り上がりました。これからもみんなで盛り立てていきましょう!
2019.6.20
お知らせ
海外学会に2名が参加予定です。
D3:木村友紀さん Enzyme Engineering XXV in Canada ポスター発表予定
D1:大谷悠介さん TERPNET 2019 in Germany ポスター発表予定
追記:上記の外国出張は2名とも滞りなく終了いたしました。
2019.5.9
論文受理
筆頭著者:大谷悠介さん(D1)の論文"Construction of a pathway to C50-ε-carotene"がPLOS ONEに受理されました。
その後、公開されました。doi: 10.1371/journal.pone.0216729
2019.4.1
梅野研発足
梅野先生が教授になられました。
新しい梅野研が始動します。
2019.4.1
お知らせ
今年度の主な活動予定です。その他の学会発表も検討中!
2019.8/31-9/1:長生にあるリソル生命の森で行われる 新学術研究領域「生合成リデザイン」若手シンポジウムに参加予定
2019.9/11-13:千葉大で行われる 分析化学会で、斎藤先生と梅野先生も講演予定
2019.9/21-23:千葉大で行われる 第33回カロテノイド研究談話会で梅野先生が世話役を務められます。斎藤先生も講演予定
追記:上記3件とも無事に終了いたしました。
2019.4.1
新年度開始
新しく6名のB4を迎え、新年度が始まりました!
気持ちを新たにバイオマテリアル研究室の研究活動が開始されました。
2019.3.20
旅立ち
1/18にグラフトの永谷さんのD論発表会、2/12.13にグラフト4名とバイオ2名の修論発表会、2/18に6名の卒論発表会を終え、3/22卒業式、3/26学位授与式が執り行われました。
ご退官される斎藤先生と、藤原さんと浜本さんをはじめとしたラボを出られる方の追コンを3/20に行いました。新しい場所でもご活躍ください!
2019.3.1
最終講義
共生応用化学コースを退官される斉藤恭一先生と岩舘泰彦先生の合同最終講義が行われました。
大勢の方に足をお運びいただきありがとうございました。先生方の長年に渡る研究生活の一端をうかがい感無量です!
2019.1.11
年収めと年初め
2018.12.26 ラボ全員で実験室と居室の大掃除をしました。清掃後は、大掃除お疲れ様会 兼 先生3名の合同お誕生会を行い、楽しく1年を終えました。
2019.1.11 新年会をフードコート2で行いました。斎藤先生ありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
2018.11.6
B3歓迎会
来年度配属予定のB3の学生さんの歓迎会を行いました。
男女3名づつ6名のフレッシュな顔ぶれが揃いました。主催のB4の学生さんも先輩として頑張りました!
2018.9.26
研究室旅行
9月25.26日に奥多摩へ研究室旅行に行きました。
あいにくの雨でしたが、コカコーラ多摩工場、小河内ダム、日原鍾乳洞、御岳山を巡りました。幼馴染のM1学生と鈴愛添乗員さんの今後の展開も気になります。 2研での最後の旅行となる斎藤先生にも、楽しい思い出が残ったと思います。幹事学年のM1の皆さん、お疲れ様でした!
2018.9.18
化学工学会で受賞
本年3月に修士課程を修了された松﨑 優香さん(元グラフト)が、化学工学会 第50回秋季大会で2017年度優秀論文賞を受賞しました。おめでとうございます!
詳細はグラフトグループ新着情報のページをご覧ください。
2018.6.8
海水学会で受賞
山上和馬さん(2研、M1)が、海水学会でポスター賞を受賞しました。おめでとうございます!
詳細はグラフトグループ新着情報のページをご覧ください。
今年は斎藤先生が学会長なので、研究室でもお手伝いしました。
2018.4.10
バーチャル花見会
お昼休みに視聴覚室でバーチャル花見会が催されました。
今年は3月下旬が暖かく桜が散ってしまいましたが、スライドの桜は満開でした。幹事学年の方々、準備お疲れ様でした。
2018.4.2
新年度開始
2018年4月1日付で、特任研究員の関貴洋さんと特別研究員の上田大次郎さんが来てくださいました。また、新しいB4生が配属され、新年度の研究室の活動が始まりました。 本年度をもって斎藤先生がご退官のため、新メンバーとM1生は全員バイオグループとなりました。
 今年も充実した研究室活動になると思います。
2018.3.27
旅立ち
3/6の追コンも終え、3/23に学部の卒業式、3/27に院の修了式が執り行われました。研究室からも学業を終えられたり、学びの場を変えられる方々が巣立たれました。
新しい場所でもご活躍ください!
2018.2.22
発表
2/14に4名のM2生による修論発表会、2/20.21に7名のB4生による卒論発表会が行われました。今までの取り組みが遺憾なく発揮され、堂々とした発表となりました。
2017.12.22
なのはなコンペ受賞
松浦佑樹さん(2研、M1)と山上和馬さん(2研、B4)が、なのはなコンペ2018でなのはな賞を受賞しました。おめでとうございます!
詳細はグラフトグループ新着情報のページをご覧ください。
2017.12.12
スポーツ大会
秋のスポーツ大会にラボメンバーも参加しました。
10/9駅伝、 11/12フットサル、12/2卓球、 12/3ソフトボールと体を動かし、いい汗をかきました。
2017.11.22
お誕生日会
斎藤先生のお誕生日をみんなでお祝いしました。年を重ねるごとにますます磨かれる駄洒落が絶好調でした!
「先日は、おめでとうございます!」
2017.10.31
新入生歓迎コンパ
来年度ラボに配属予定のB3の学生さんの歓迎会を行いました。マニアックな自作クイズに初々しく立ち向かいました。
みなさん、お待ちしております。
2017.9.26
お誕生日会
河合先生のお誕生日を祝う会をB4のみなさんが準備してくれました。心のこもった飾り付けやバースデーカードに先生のお顔に笑顔が咲きました。
みんなで食べるケーキは美味しいです。おめでとうございます!
2017.9.5
研究室旅行
ラボメンバーでバス旅行に行きました。9月4日はあいにくの雨の中、シャボテン公園や城ヶ崎海岸を回り、旅館で海の幸に舌鼓を打ちつつ談笑しました。
9月5日はお天気に恵まれ、沼津散策やキリンウイスキー工場を見学しました。ラボの絆が深まる楽しい旅になりました。幹事さん、お疲れ様でした。
2017.5.23
お誕生日会
お昼に視聴覚室にて,准教授の梅野太輔先生のお誕生日会を行いました。おめでとうございます!
2017.4.11
バーチャル花見
お昼に視聴覚室にて,毎年恒例のバーチャル花見が催されました。
2017.4.3
新年度開始
新しいB4生が配属され、新年度の研究室の活動が始まりました。
2017.4.1
新メンバー加入
2017年4月1日付で、特任研究員の小林一幾さんが来てくださいました。よろしくお願いします!
2016.9.20
小野航央くんがイソプレノイド研究会で「優秀賞」を受賞しました。
2016年9月20日に,長崎県立大学シーボルト校で開催された「第26回イソプレノイド研究会」にて,小野航央さん (修士1年) が「プレニル二リン酸消費活性の多重欠損によるイソプレノイド高生産株の作製」というタイトルで口頭発表を行い,優秀賞を受賞しました。
2016.3.3
成毛翔子さんが日本海水学会若手会で「優秀賞」を受賞しました。
2016年3月3日に、塩事業センター(神奈川県小田原市)で開催された「日本海水学会若手会第7回学生研究発表会」にて、成毛 翔子さん (学部4年生) が「海水中からの放射性ストロンチウム除去のためのチタン酸ナトリウムおよびカリウム担持繊維の作製」というタイトルで口頭およびポスター発表を行い、 優秀賞を受賞しました。
2015.12.21
松崎優香さんと木村友紀くんがなのはなコンペで受賞しました。
なのはなコンペ2016でそれぞれ下記の賞を受賞しました。
松﨑優香さん(2研, B4) なのはな賞,特別賞(双葉電子記念財団賞)
木村友紀さん(2研, M1) なのはな賞
http://www.vbl.chiba-u.jp/competition/files_winner/Winnernanohanacompe2016.pdf
2015.6.25
後藤 駿一くんが論文賞を受賞しました。
2015年5月17〜21日に,幕張メッセで開催されたThe 23rd International Conference on Nuclear Engineeringで,修士2年生の後藤 駿一 (ごとう しゅんいち) 君が,学生セッションで「Radioactive strontium removal from seawater and groundwater with adsorptive fiber prepared by radiation-Induced graft polymerization」という題目で論文,ポスター,口頭発表を行い,日本およびアジアでの論文賞を受賞しました。
2015.6.22
片桐 瑞基くんがポスター賞を受賞しました。
2015年5月29~30日に、明治大学生田キャンパスで開催された分離技術会年会2015で、修士1年生の片桐 瑞基 (かたぎり みずき) 君が、「放射性Sr吸着繊維作製時のチタン酸ナトリウム結晶析出に用いる溶媒とSr吸着容量との関係」という題目でポスター発表を行い、学生賞を受賞しました。
2015.4.9
第27回中小企業優秀新技術・新製品賞の優秀賞を受賞しました。
中小企業優秀新技術・新製品賞は、(公財)りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社が主催し、経済産業省中小企業庁が後援している賞です。「放射性汚染物質の吸着除染材料の開発と製造」という技術について、千葉大学が株式会社環境浄化研究所とともに『優秀賞』を受賞し、さらに千葉大学は『産学官連携特別賞』を受賞しました。
千葉大学の第2研究室で生まれた材料づくりのレシピにしたがって、ベンチャー企業(環境浄化研究所)の工場で材料が量産され、福島第一原発の汚染水処理に役立っています。
2014.6.24
バイオマテリアル研究室の学生がポスター賞を受賞しました。
  • 2014年6月19〜20日に,沖縄男女共同参画センターで開催された日本海水学会第65年会で,バイオマテリアル研究室の後藤 聖太(ごとう しょうた)君が,「海水中からのセシウム除去用吸着繊維における不溶性フェロシアン化コバルトのグラフト鎖への担持構造」という題目でポスター発表を行い,学生優秀賞を受賞しました。
  • 2014年6月17〜18日に,東京大学で開催された第15回放射線プロセスシンポジウムで,バイオマテリアル研究室の川島 青(かわしま せい)さんが,「放射線グラフト重合法による塩水中の不純物を高速除去する繊維の開発」という題目でポスター発表を行い,優秀賞を受賞しました。
  • 2014年6月17〜18日に,東京大学で開催された第15回放射線プロセスシンポジウムで,バイオマテリアル研究室の高橋 佳苗(たかはし かなえ)さんが,「塩化銀担持繊維の作製およびそのヨウ素除去性能」という題目でポスター発表を行い,奨励賞を受賞しました。
2014.3.4
川島青さんがなのはなコンペ2014(学生版)で受賞しました。
なのはなコンペ2014(学生版)受賞者一覧
2013.11.21
河野 通尭くんが学会で表彰されました。
第27回日本吸着学会研究発表会(千葉大学、11月21、22日)で優秀ポスター賞を受賞しました。
河野 通尭(こうの みちたか)(M1):「チタン化合物を担持した吸着繊維によるストロンチウムイオンの除去」
2013.10.28
新出 挙くんが学会で表彰されました。
第29回日本イオン交換研究発表会(東北大学、10月17、18日)でポスター部門優秀賞を受賞しました。
新出 挙(にいで あぐる)(M2):「タンパク質吸着後の再生操作で使用する緩衝液を削減できるアニオン交換膜の設計」
2013.8.17
バイオマテリアル研究室が開発した吸着繊維“ガガ”がセシウム除去に活躍
放射能漏れが問題となっている福島第一原子力発電所の海水中に含まれる放射性セシウムの除去に、本学科のバイオマテリアル研究室が開発した吸着繊維“ガガ”が利用されています。
詳細は東京電力(株)福島第一原子力発電所1~4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ進捗状況(概要版)をご覧ください。
2013.3.27
梅野太輔先生が「遺伝子スイッチおよび遺伝子回路の高速開発方法」という発明で千葉大学より優秀発明賞を授賞されました!
2012.12.15
VBL主催のなのはなコンペ2013にて本研究室からなんと3名の受賞者がでました。岩嵜さん,海野くん,新出くん,おめでとうございます!
2012.11.17
梅野先生の研究が新聞サンケイビジネスアイの「産業への展開が期待される合成生物学」という特集として掲載されました
2012.10.18
斎藤恭一先生がイオン交換学会で学会賞を受賞されました!
2012.10.1
河合(野間)繁子助教が赴任されました。よろしくお願いします!!
2009.12.1
梅野groupから,第32回日本分子生物学会(2009/12/9~12)で4件ポスター発表します。
1P-0852:生悦住茉友,Screening for terpenoid synthase activity based on substrate consumption.
3P-0873:Byambaa Batzaya, Parallel Construction of Polymer Surfaces for Cell Immobilization.
4P-0844:寺久保慶,Rapid and Robust Selection for Genetic Switches and Circuits.
4P-0852:田代洋平, Constructing Programmed Cell Death by Lethal Mutagenesis
2008.7.11
梅野太輔 極限微生物学会で招待講演@東京大学弥生講堂
「自己消去装置を実装した微生物ロボット」
2008.6.25
方波見彰仁 国際カロテノイド学会@沖縄ムーンビーチホテル
「Carotenoid biosynthesis by sqalene synthase」