環境調和高分子材料研究室

INFORMATION

2017/07/06
「学会発表」を更新しました。
2017/07/03
平成29年度の研究室「メンバー」に更新しました。
2016/11/08
ポリN-メチルエチレンイミンの溶液物性の論文がPolymer Journal 11月号の表紙を飾りました。理論的な分子設計でこのポリマーが高い溶解性をもつことを予測し、それを実証しました。高水溶性のポリカチオンで、様々な用途が期待されます。 ここをクリック

2016/10/30
新たに英語のページをアップロードしました。右上の「ENGLISH」をクリックしてください。

2016/06/06
平成28年度の研究室「メンバー」に更新しました。
2016/03/24
San Diego(California, USA)で開催された第251回アメリカ化学会で当研究室の博士後期課程学生 福田有一郎君がDistinguished Poster Nomineeに選出されました。(ポスターの左上の青いリボンが受賞の印)
アメリカ化学会参加の福田君

2015/08/25
台湾の日月潭で開催された国際学会ISAMR2015(International Symposium for Advanced Materials Research)で当研究室の博士後期課程学生 福田有一郎君がポスター賞の1位を受賞しました。
授賞式:Wu博士とともに未来の科学技術を担うアジアの若者たち

2015/06/03
「研究紹介」に「研究室での生活」欄を設けました。

2015/06/03
「研究紹介」と「メンバー」を更新しました。

2015/05/07
「学会発表」を更新しました。

2015/03/20
英国王立化学協会発行のPolymer Chemistryに掲載された論文"Chemistry of aromatic polythioesters and polydithioesters"が過去30日間で最もダウンロードされた論文の一つになりました。

2014/07/10
「学会発表」を更新しました。

2014/05/07
新年度の「メンバー」に更新しました。

2014/05/07
「論文」を更新しました。

2014/03/25
3月24日に卒業式、25日に学位授与式が行われました。博士(工学)を授与された阿部大典君が研究科長賞と専攻長賞をダブル受賞しました。 ここをクリック

2014/01/08
「論文」と「学会発表」を更新しました。

2013/07/05
Poly((R)-3-hydroxybutyrate)に関する論文が Nature 出版の学術雑誌Polymer Journal 7月号の表紙を飾りました。バクテリアが炭素とエネルギーの保存のために、このポリマーを体内で合成し分解します。この生分解性ポリマーの分子特性・溶液物性・結晶構造・分解酵素との相互作用を明らかにしました。 ここをクリック

2013/06/18
「研究紹介」のページを更新しました。

2013/06/10
「メンバー」のページを更新しました。

2012/06/12
英国王立化学協会発行のPolymer Chemistryに掲載された博士後期課程学生 阿部大典君の論文が2012年4月の最も読まれた論文ベスト10に入りしました。

テキストの配布

下記の受講生は、こちらからテキストをダウンロードしてください。

・共生応用化学科
高分子物性
・共生応用化学専攻
高分子物理化学