, 有害廃棄物管理棟

千葉大学大学院工学研究院共生応用化学コース
Course of Applied Chemistry and Biotechnology Graduate School of Engineering, Chiba University

TOP > RESEARCH

RESEARCH

研究概要(SUMMARY)

研究業績(PUBLICATIONS)

-学術論文-(JOURNALS)

     
  • Natsuho Sato, Yoshimasa Amano, Motoi Machida, Column adsorption characteristics of nitrate ion by sodium carbonate activated PAN-based activated carbon fiber, Journal of Fiber Science Technology, 80(7), 172-177(2024).
  • Yoshimasa Amano, Fumiya Matsuzawa, Jing Wang, Motoi Machida, Preparation of cyanobacterial blooms-originated adsorbent for the removal of cadmium ions, Journal of Ion Exchange, 35(1), 9-17(2024). https://doi.org/10.5182/jaie.35.9
  • Jing Wang, Yoshimasa Amano, Motoi Machida, Nitrate removal from aqueous solution by glucose-based carbonaceous adsorbent: Batch and fixed-bed column adsorption studies, Colloids and Surface A: Physicochemical and Engineering Aspects, 686, 133296(2024). https://doi.org/10.1016/j.colsurfa.2024.133296

-書籍/解説-(OVERVIEW JOURNALS)

-国際学会/国内学会-(International / Domestic Conferences)

  • 町田基, 炭素の表面化学によって変化するイオン性水質汚染物質の吸着特性(講演2), 第8回非鉄製錬学Web討論会(吸着現象), 京都大学(2024)
  • 町田龍星, 天野佳正, 町田基, 窒素およびリン制限下でのTN/TP比がMicrocystisの増殖挙動に及ぼす影響, 第58回日本水環境学会年会, 1-A-16-1(2024)
  • 大沢朋徳, 天野佳正, 町田基, 松かさから調製した窒素ドープ活性炭の硝酸イオン吸着特性, 日本化学会第104春季年会, A1455-1vn-20(2024)
  • 相澤駿介, 天野佳正, 町田基, 有害藻類由来の吸着剤によるカドミウムイオン吸脱着特性, 日本化学会第104春季年会, A1455-1vn-01(2024)
  • 福原誠大, 天野佳正, 町田基, PAN繊維表面のピリジン系窒素のN-メチル化により促進される水中の硝酸イオン吸着, 日本化学会第104春季年会, C442-2pm-04(2024)
2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 〜2009年

Copyright (C) 有害廃棄物管理棟 All Rights Reserved.