研究業績

原著論文

  1. Transcription Factors as Evolvable Biosensors.
    Daisuke Umeno, Yuki Kimura, Kawai-Noma Shigeko.
    JSAC.Anal. Sci., 37(5), 699 - 705 (2021)
  2. Robust and flexible platform for directed evolution of yeast genetic switches.
    Masahiro Tominaga, Kenta Nozaki, Daisuke Umeno, Jun Ishii & Akihiko Kondo.
    Nature Communications, 12, (2021) Article number: 1846, DOI:10.1038/s41467-021-22134-y
  3. Molecular breeding of a biosynthetic pathway to C60 phytoene.
    Takahiro Seki, Tomoyuki Ichikawa, Takumi Ojima, Shigeko Kawai-Noma, Daisuke Umeno.
    カロテノイドサイエンス, 24, 18 - 23 (2020)
  4. Improvement of the dP-nucleoside-mediated herpes simplex virus thymidine kinase negative-selection system by manipulating dP metabolism genes.
    Kawai-Noma, S., Saeki, K., Yumoto, T., Minakata, K., Saito, K., Umeno, D.
    J. Biosci. Bioeng., 130(2), 121 - 127 (2020)
  5. Astaxanthin production in a model cyanobacterium Synechocystis sp. PCC 6803.
    Naoya Shimada, Yukiko Okuda, Kaisei Maeda, Daisuke Umeno, Shinichi Takaichi, Masahiko Ikeuchi
    The Journal of general and applied microbiology, 66(2), 116 - 120 (2020)
  6. Directed Evolution of the Stringency of the LuxR Vibrio fischeri Quorum Sensor without OFF-State Selection.
    Yuki Kimura, Shigeko Kawai-Noma, Kyoichi Saito, Daisuke Umeno
    ACS synthetic biology, 9(3), 567 - 575 (2020)
  7. Laborless, Automated Microfluidic Tandem Cell Processor for Visualizing Intracellular Molecules of Mammalian Cells.
    Tinglin Mu, Hajime Toyoda, Yuki Kimura, Masumi Yamada, Rie Utoh, Daisuke Umeno, Minoru Seki
    Analytical chemistry, 92(3), 2580 - 2588 (2020)
  8. Pathway engineering for efficient biosynthesis of violaxanthin in Escherichia coli.
    Miho Takemura, Akiko Kubo, Yuki Higuchi, Takashi Maoka, Takehiko Sahara, Katsuro Yaoi, Kohji Ohdan, Daisuke Umeno, Norihiko Misawa
    Applied microbiology and biotechnology, 103(23-24), 9393 - 9399 (2019)
  9. Constraction of a pathway to C50-ε-corotenoids.
    Otani, Y., Maoka, T., Furubayashi, M., Kawai-Noma, S., Saito, K., Umeno, D.
    PLoS One, 14(5), e0216729. (2019).
  10. Non-natural biosynthetic pathway for 2-hydroxylated xanthophylis with C50-carotenoid backbone.
    Li, L., Furubayashi, M., Maoka, T., Misawa, N., Kawai-Noma, S., Saito, K., Umeno, D.
    J. Biosci. Bioeng., 1281(4), 438–444 (2019).
  11. Genetically engineered biosynthetic pathways for non-natural C60 carotenoids using C5-elongase and C50-cyclases in Escherichia coli.
    Li, L., Furubayashi, M., Wang, S., Maoka, T., Kawai-Noma, S., Saito, K., Umeno, D.
    Sci. Rep., 9, Article number: 2982 (2019)
  12. Construction of a non-natural C60 carotenoid biosynthetic pathway.
    Li, L., Furubayashi, M., Hosoi, T., Seki, T., Otani, Y., Kawai-Noma, S., Saito, K., Umeno, D.
    ACS Synth. Biol., 8(3),511-520 (2019)
  13. Tweezing the cofactor preference of gymnosperm pinene synthase.
    Tashiro, M., Ono, K., Kimura, Y., Kawai-Noma, S., Saito, K., Umeno, D.
    Biosci. Biotechnol. Biochem., 82(6), 1058–1061 (2017).
  14. Directed evolution and expression tuning of geraniol synthase for efficient geraniol production in Escherichia coli.
    Tashiro, M., Fujii, A., Kawai-Noma, S., Saito, K., Daisuke, U.
    J. Gen. Appl. Microbiol., 63(5), 287–295 (2017).
  15. Rapid Diversification of BetI-Based Transcriptional Switches for the Control of Biosynthetic Pathways and Genetic Circuits.
    Saeki, K., Tominaga, M., Kawai-Noma, S., Saito, K., Umeno, D.
    ACS Synth Biol.,5(11), 1201-1210 (2016) .
  16. Directed evolution of Vibrio fischeri LuxR signal sensitivity.
    Kimura, Y., Tashiro, Y., Saito, K., Kawai-Noma, S., Umeno, D.
    J. Biosci. Bioeng.,122(5), 533-538 (2016).
  17. Directed evolution of the autoinducer selectivity of Vibrio fischeri LuxR.
    Tashiro, Y., Kimura, Y., Furubayashi, M., Tanaka, A., Terakubo, K., Saito, K., Kawai-Noma, S., and Umeno, D.
    J.Gen. Appl. Microbiol.,62(5), 240-247 (2016).
  18. Bacterial production of pinene by a laboratory-evolved pinene-synthase.
    Tashiro, M., Kiyota, H., Kawai-Noma, S., Saito, K., Ikeuchi, M., Iijima, Y., Umeno D.
    ACS. Synth Biol. ,5(9), 1011-1020 (2016).
  19. A highly selective biosynthetic pathway to non-natural C50 carotenoids assembled from moderately selective enzymes.
    Furubayashi, M., Ikezumi, M., Takaichi, S., Maoka, T., Hemmi, H., Ogawa, T., Saito, K., Tobias, AV., Umeno, D.
    Nature Commun. 6,Artcle number:7534 (2015)
    JSTプレスリリース:非天然化合物の人工生合成のための革新的な手法を開発
  20. Evolutionary design of choline-inducible and -repressible T7-based induction systems.
    Ike, K., Arasawa, Y., Koizumi, S., Mihashi, S., Kawai-Noma, S., Saito, K., Umeno, D.
    ACS Synth Biol.,4(12), 1352-1360 (2015).
  21. Liquid-based iterative recombineering method tolerant to counter-selection escapes.
    Tominaga, M., Kawai-Noma, S., Kawagishi, I., Sowa, Y., Saito, K., Umeno, D.
    PLoS ONE 10, e0119818 (2015)
  22. Rapid and liquid-based selection of genetic switches using nucleoside kinase fused with aminoglycoside phosphotransferase.
    Tominaga, M., Ike, K., Kawai-Noma, S., Saito, K., Umeno, D.
    PLoS ONE 10(3), e0120243 (2015)
  23. Production of squalene by squalene synthases and their truncated mutants in Escherichia coli.
    Katabami, A., Li, L., Iwasaki, M., Furubayashi, M., Saito, K., Umeno, D.
    J Biosci Bioeng 119(2), 165-171 (2015)
  24. Directed evolution of squalene synthase for dehydrosqualene biosynthesis.
    Furubayashi, M., Li, L., Katabami, A., Sait,o K., Umeno, D.  
    FEBS Lett 588(18), 3375-3381 (2014)
  25. Construction of carotenoid biosynthetic pathways using squalene synthase.
    Furubayashi, M., Li, L., Katabami, A., Saito, K., Umeno, D.  
    FEBS Lett 588(3), 436-442 (2014)
  26. A high-throughput colorimetric screening assay for terpene synthase activity based on substrate consumption.
    Furubayashi, M., Ikezumi, M., Kajiwara, J., Iwasaki, M., Fujii, A., Li, L., Saito, K., Umeno, D.  
    PLoS ONE 9(3),e:93317 (2014)
  27. Evolutionary analysis of the functional plasticity of Staphylococcus aureus C30 carotenoid synthase.
    Furubayashi, M., Saito, K., Umeno, D.  
    J. Biosci. Bioeng., 117(4), 431-436, (2014)
  28. A system for the rapid determination of the mutation spectrum in Escherichia coli.
    Tashiro, Y., Katabami, A., Saito, K., Umeno, D. 
    Anal Sci.,28(2), 95-101 (2012)
  29. A nucleoside kinase as a dual selector for genetic switches and circuits.
    Tashiro, Y., Fukutomi, H., Terakubo, K., Saito, K., Umeno, D.
    Nucleic Acid Res. ,39(3), e12 (2011)
  30. Escherichia coli robots that freeze, smell, swell, and time-keep.
    Tashiro, Y., Furubayashi, M., Morijiri, T., Suzuki, K., Yasuno, K., Matsuno, S., Katabami, A., Saito, K., Umeno, D. 
    IET Synthetic Biol., 1(1-2), 41-43 (2007)

原著論文 梅野先生の千葉大赴任前

  1. Umeno, D., Arnold F.H.
    Evolution to a pathway to novel, long-chain carotenoids.
    J. Bacteriol., 184: 1531-1536 (2004)
  2. Umeno, D., Hiraga, K., Arnold, FH.
    Method to protect a targeted amino acid residue during random mutagenesis.
    Nucleic Acids Res., 31, e91 (2003)
  3. Umeno, D., Arnold, FH.
    Creating C35-carotenoid pathways in Escherichia coli.
    Appl. Environ. Microbiol., 69, 3573-3579 (2003) * ASM(米国微生物学会)の機関誌(2003年7月)でfeature論文に選出
  4. Soh, N., Umeno, D., Tang, Z., Murata, M., Maeda, M.
    Affinity precipitation separation of DNA binding protein using block conjugate composed of poly(N-isopropylacrylamide) grafted double-stranded DNA and double-stranded DNA containing a target sequence.
    Anal. Sci., 18, 1295-1299 (2002)
  5. Umeno, D., Tobias, AV., Arnold FH.
    Evolution of the C30 carotenoid synthase CrtM for function in a C40 pathway.
    J. Bacteriol., 184, 6690-6699 (2002)
  6. Mori T., Umeno D., Maeda M.
    Sequence-specific affinity precipitation of oligonucleotide using poly(N-isopropylacrylamide)-oligonucleotide conjugate.
    Biotech. Bioengin., 72, 261-268 (2001)
  7. Iwataki T., Yoshikawa K., Kidoaki S., Umeno D., Kiji M., Maeda M.
    Cooperativity vs. phase transition in a giant single DNA molecule.
    J. Am. Chem. Soc., 122, 9891-9896 (2000)
  8. Schmidt-Dannert, C., Umeno, D., Arnold, FH.
    Molecular breeding of carotenoid biosynthetic pathways.
    Nature Biotechnol., 18, 750-753 (2000) * Chem & Eng News (2000), Nature Str. Biol.(2000), Nature Biotech.(2000.7)に紹介記事
  9. Umeno, D., Maeda, M.
    Temperature-induced precipitation of specific DNA fragments using DNA-poly(N-isopropylacrylamide) conjugate.
    Chem. Lett, 28(5), 381-382 (1999)
  10. Umeno, D.,Kiji, M., Murata, M., Maeda M.
    Synthesis and characterization of vinyl polymer-grafted DNA and its AB-type block conjugate with native DNA fragment.
    Polymer J., 31, 1109-1114 (1999)
  11. Umeno, D., Mori, T., Maeda, M.
    Single stranded DNA-poly (N-isopropylacrylamide) conjugate for affinity precipitation separation of oligonucleotides.
    Chem. Commun., 1433-1434 (1998)
  12. Umeno, D., Kano, T., Maeda, M.
    Affinity adsorption separation of mutagenic molecules by polyacrylamide hydrogels comprising double-stranded DNA.
    Anal. Chim. Acta, 365, 101-108 (1998)
  13. Umeno, D., Kawasaki, M., Maeda, M.
    Water-soluble Conjugate of double-stranded DNA and poly(N-isopropylacrylamide) for one-pot affinity precipitation separation of DNA-binding proteins.
    Bioconjugate Chem., 9, 719-724 (1998)
  14. Umeno, D., Kawasaki, M., Maeda, M.
    Photolithographic coating of polymers on DNA as an approach for construction of nano-structures.
    Supramol. Sci., 5, 427-431(1998)
  15. Umeno, D., Maeda, M.
    Poly(N-isopropylacrylamide) carrying double-stranded DNA for affinity separation of genotoxins.
    Anal. Sci., 13, 553-556 (1997)
  16. Maeda, M., Nishimura, C., Umeno, D., Takagi M.
    Psoralen-containing vinyl monomer for conjugation of double-helical DNA with vinyl polymers.
    Bioconjugate Chem., 5, 527-531(1994)

原著論文 Graft関連

  1. Yuka Matsuzaki, Takeshi Itabashi, Shigeko Kawai-Noma, Daisuke Umeno, Kyoichi Saito
    Improvement of protein binding capacity of acrylic-acid-grafted fibers by polymer root-to-brush shift.
    RADIATION PHYSICS AND CHEMISTRY, 158, 131 - 136 (2019)
  2. Shoichiro Uchiyama, Takaaki Sasaki, Ryo Ishihara, Kunio Fujiwara, Takanobu Sugo, Daisuke Umeno, Kyoichi Saito
    High-resolution separation of neodymium and dysprosium ions utilizing extractant-impregnated graft-type particles.
    Journal of chromatography. A 1533, 10 - 16 (2018)
  3. Nakure,S., Fujiwara,K., Sugo,T., Kawai-Noma,S., Umeno,D., Saito,K.:
    Reduction of Supercooling of Heavy Water with Silver Iodide.
    日本海水学会誌., 72, 41-42 (2018)
  4. 川村竜之介, 後藤聖太, 松浦佑樹, 河合(野間)繁子, 梅野太輔, 斉藤恭一, 藤原邦夫, 須郷高信,矢島由莉佳, 木下亜希子, 工藤あずさ, 日置淳平, 若林英行
    N-ビニルピロリドン(NVP)グラフト重合繊維を用いた緑茶抽出液中のカテキンの吸着および水酸化ナトリウム水溶液を用いたカテキンの溶出
    化学工学論文., 44,.1-4 (2018)
  5. 鈴木祐人, 成毛翔子, 片桐瑞基, 藤原邦夫, 須郷高信, 小島 隆, 河合(野間) 繁子, 梅野太輔, 斎藤恭一
    チタンケイ酸ナトリウム担持繊維の作製と得られた繊維の海水からのストロンチウムの除去
    日本海水学会誌., 72, 36-40 (2018)
  6. 後藤駿一, 片桐瑞基, 成毛翔子, 藤原邦夫, 須郷高信, 小島 隆, 河合 (野間) 繁子, 梅野太輔, 斎藤恭一
    ペルオキソチタン錯体アニオンのアニオン交換繊維への繰返し吸着によるストロンチウム吸着繊維のチタン酸ナトリウム担持率の向上
    Radioisotopes, 67, 213-219 (2018)
  7. 松﨑優香, 板橋長史, 河合 (野間) 繁子, 梅野太輔, 斎藤恭一
    アクリル酸グラフト繊維を用いた高濃度なリン酸緩衝液中でのリゾチームの高容量吸着
    Radioisotopes, 67, 1-8 (2018)
  8. 工藤大樹,松崎優香,河合繁子,梅野太輔,斎藤恭一
    放射線乳化グラフト重合方法を用いた抗体精製のためのアニオン交換繊維の作製
    Radioisotopes, 66, 243-249 (2017)
  9. 松崎優香,工藤大樹,小島 隆,河合繁子,梅野太輔,斎藤恭一
    放射線前照射乳化グラフト重合法を適用したタンパク質を高容量に吸着するためのカチオン交換繊維の作製,
    分離工学,43, 88-94 (2017)
  10. 増山嘉史, 藤原邦夫, 須郷隆信, 河合(野間)繁子, 梅野太輔, 斎藤恭一
    6-ナイロン繊維へのDMAPAA-Qの放射線グラフト重合
    日本海水学会誌, 71, 92-96 (2017)
  11. 早川里奈, 成毛翔子, 藤原邦夫, 須郷高信, 小島 隆, 河合 (野間) 繁子, 梅野太輔, 斎藤恭一
    水中のアンチモン捕捉のための水和酸化セリウム担持繊維の作製
    分析化学, 66, 853-856 (2017)
  12. Goto ,S., Umino, S., Amakai, W., Fujiwara, K., Sugo, T., Kojima, S., Kawai-Noma, S.,Umeno, D., Saito, K.
    Impregnation structure of cobalt ferrocyanide microparticles by the polymer chain grafted onto nylon fiber.
    J.Nucl. Sci. Technol., 53, 1251-1255 (2016)
  13. 後藤駿一,河野通尭, 片桐瑞基,藤原邦夫, 須郷高信. 河合(野間)繁子, 梅野太輔, 斎藤恭一,森本泰臣,菊池孝浩
    海水中でのイミノ二酢酸型キレート繊維の吸着等温式の決定と東電福島第一原発の閉鎖海域内汚染海水への組み紐状繊維の分割投入の提案
    日本海水学会誌, 70, 110-115 (2016)
  14. 中村祐樹,藤原邦夫, 須郷高信,河合(野間)繁子, 梅野太輔, 斎藤恭一
    抽出試薬担持繊維を用いた塩酸溶液からのパラジウムの回収
    化学工学論文集, 42, 113-118 (2016)
  15. 中村祐樹,平山雄祥, 藤原邦夫, 須郷高信,河合(野間)繁子, 梅野太輔, 斎藤恭一
    放射線グラフト重合法によるレーヨン基材のホウ素除去用キレート繊維の作製
    日本海水学会誌, 70, 255-260 (2016)
  16. 成毛翔子、後藤駿一、片桐瑞基、藤原邦夫, 須郷高信. 河合(野間)繁子, 梅野太輔, 斎藤恭一
    DMAPPAグラフト繊維に担持されたチタン酸ナトリウムの組成およびそのストロンチウムイオン交換比の決定
    日本海水学会誌, 70, 364-368 (2016)
  17. 佐々木 貴明, 内山 翔一朗, 藤原 邦夫, 須郷 高信, 梅野 太輔, 斎藤 恭一
    リン酸ビス(2-エチルヘキシル)(HDEHP)担持繊維充填カラムを用いた固相抽出法に基づく溶出クロマトグラフィーによるNdとDyの分離
    化学工学論文集, 41(4), 220 - 227 (2015)
  18. Okamura, Y.,Fujiwara, K., Ishihara, R., Sugo, T., Kojima, T., Umeno, D., Saito, K.
    Cesium removal in freshwater using potassium cobalt hexacyanoferrate-impregnated fibers.
    Radiation Physics and Chem., 94, 119-122 (2014)
  19. 後藤聖太,天海 亘,藤原邦夫,須郷高信,小島 隆,河合(野間)繁子,梅野太輔,斎藤恭一
    不溶性フェロシアン化コバルトの担持率を高めるためのセシウム除去用吸着繊維の作製経路の提案
    日本海水学会誌, 68, 298-304 (2014)
  20. 河野通尭,海野 理,藤原邦夫,須郷高信,小島 隆,梅野太輔,斎藤恭一
    海水からのストロンチウム除去のための6-ナイロン繊維へのチタン化合物の繰り返し析出担持
    日本海水学会誌, 68, 258-263 (2014)
  21. 中谷友紀,海野 理,杉山まい,藤原邦夫,須郷高信,小島 隆,梅野太輔,斎藤恭一
    ナイロン繊維に付与したカチオン交換グラフト鎖への含水酸化チタンの担持
    日本海水学会誌, 68, 196-201 (2014)
  22. 海野 理, 河野通尭, 藤原邦夫, 須郷高信, 河合(野間)繁子, 梅野太輔, 斎藤恭一
    海水からの放射性ストロンチウム除去のためのイオン交換繊維へのチタン酸ナトリウム担持経路の選定
    日本海水学会誌, 68, 89-93 (2014)
  23. 天海 亘,岡村雄介,藤原邦夫,須郷高信,梅野太輔,斎藤恭一
    淡水中のセシウム除去のためのビニルベンジルトリメチルアンモニウムクロリド(VBTAC)をグラフト重合した6-ナイロン繊維への不溶性フェロシアン化コバルトの担持
    環境放射能除染学会誌, 2, 93-99 (2014)
  24. 天海 亘,杉山まい,藤原邦夫,須郷高信,梅野太輔,斎藤恭一
    不溶性フェロシアン化コバルト及びニッケル担持繊維の海水中でのセシウムイオンに対する吸着等温線
    日本海水学会誌, 68, 18-24 (2014)
  25. Tanaka, R., Ishihara, R., Miyoshi, K., Umeno, D., Saito, K., Asai, S., Yamada, S., Hirota, H.
    Simple method for high-density impregnation of Aliquat 336 onto porous sheet and binding performance of resulting sheet for palladium ions.
    Sep. Sci. Technol., 49, 1-6 (2014)
  26. 佐々木貴明,内山翔一朗,藤原邦夫,須郷高信,梅野太輔,斎藤恭一
    ドデシルアミノ基を有するグラフト鎖上に担持した酸性抽出試薬リン酸ビス(2-エチルヘキシル)(HDEHP)とドデカンに溶解したHDEHPのレアアース抽出での類似性
    化学工学論文集, 40, 404-409 (2014)
  27. 平山雄祥, 藤原邦夫, 須郷高信, 河原武男, 吉江清敬, 有冨俊男, 河合繁子, 梅野太輔, 斎藤恭一
    電気透析槽の電気抵抗の低減をめざした放射線グラフト重合法によるイオン交換スペーサーの作製
    日本海水学会誌, 68, 336-340 (2014)
  28. 新出 挙,河合(野間)繁子,梅野太輔,斎藤恭一
    グラフト鎖へのアニオン交換基の導入部位の制御によるアニオン交換多孔性中空糸膜の再生操作で使用する緩衝液量の削減
    Membrane, 39, 258-263 (2014)
  29. Matsuno, S., Umeno, D., Miyazaki, M., Suzuta, Y., Saito, K., Yamashita. T.
    Immobilization of an esterase Inhibitor on a porous hollow-fiber membrane by radiation-induced graft polymerization for Developing a Diagnostic Tool for Feline Kidney Diseases.
    Bioscience, Biotech., Biochem., 77, 2061-2064 (2013)
  30. Wada, G., Ishihara, R., Miyoshi, K., Umeno, D., Saito, K., Asai, S., Yamada, S.
    Crosslinked-Chelating Porous Sheet with High Dynamic Binding Capacity of Metal Ions.
    Solvent Extraction and Ion Exchange, 31, 210-220 (2013)
  31. Sugiyama, M., Ikeda, K., Umeno, D., Saito, K., Kikuchi, T., Ando, K.
    Removal of Urea from Water Using Urease-Immobilized Fibers.
    J. Chem. Engin. Japan, 46, 509-513 (2013)
  32. 岡村雄介,藤原邦夫,飯島直樹,正田哲也,鈴木晃一,須郷高信,清水 威,板垣龍人,高橋 淳,小野孝之,菊池 隆,染谷孝明,石原 量,小島 隆,梅野太輔,斎藤恭一
    海水中のセシウム除去のための吸着繊維の作製
    日本イオン交換学会誌, 24, 8-13 (2013)
  33. 平山雄祥,岡村雄介,藤原邦夫,須郷高信,梅野太輔,斎藤恭一
    不溶性フェロシアン化物担持繊維のセシウム吸着容量に及ぼすセシウム水溶液の塩濃度の効果
    化学工学論文集., 39, 28-32(2013)
  34. Shimoda, Y., Sekiya, Y., Umeno, D., Saito, K., Furumoto, G., Shirataki, H., Shinohara, N., Kubota, N.
    Protein-binding characteristics of anion-exchange particles prepared by radiation-induced graft polymerization at low temperatures.
    J. Chem. Eng. Japan, 46, 588-592 (2013)
  35. Iwanade, A., Umeno, D., Saito, K., Sugo, T.
    Dependence of protein binding capacity of dimethylamino-γ-butyric-acid (DMGABA)-immobilized porous membrane on composition of solvent used for DMGABA immobilization.
    Rad. Phys. Chem., 87, 53-58 (2013)
  36. 染谷孝明,岡村雄介,和田 剛,霜田祐一,梅野太輔,斎藤恭一,篠原直志,久保田 昇
    カチオン交換ポリマーブラシ搭載粒子および市販カチオン交換ビーズの充填カラムを使った溶出クロマトグラフィーでのタンパク質の分離度の比較
    日本イオン交換学会誌, 24, 1-7 (2013)
  37. Ishihara, R., Uchiyama, S., Ikezawa, H., Yamada, S., Hirota, H., Umeno, D., Saito, K.
    Effect of dose on mole percentages of polymer brush and root grafted onto porous polyethylene sheet by radiation-induced graft polymerization.
    Ind. Eng. Chem. Res., 52, 12582-12586 (2013)
  38. Uchiyama, S., Ishihara, R., Umeno, D., Saito, K., Yamada, S., Hirota, H., Asai, S.
    Determination of mole percentages of brush and root of polymer chain grafted onto porous sheet.
    J. Chem. Eng. Japan, 46, 414-419 (2013)
  39. 原山貴登, 海野 理, 内山翔一朗, 杉山まい, 藤原邦夫, 須郷高信, 浅井志保, 小島 隆, 梅野太輔, 斎藤恭一
    海水からストロンチウムを除去するための吸着繊維の作製
    日本海水学会誌, 66, 295-300 (2012)
  40. Ishihara, R., Asai, S., Otosaka, S., Yamada, S., Hirota, H., Miyoshi, K., Umeno, D., Saito, K.
    Dependence of lanthanide-ion binding performance on HDEHP concentration in HDEHP impregnation to porous sheet.
    Solv. Extr. Ion Exchange, 30, 171-180 (2012)
  41. Harayama, T., Okamura, Y., Shimoda, Y., Umeno, D., Saito, K., Shinohara, N., N. Kubota, N.
    Protein resolution in elution chromatography using novel cation-exchange polymer-brush-immobilized particles.
    J. Chem. Eng. Japan, 45, 896-902 (2012)
  42. 田村 慧,松野伸哉,片山栄作,梅野太輔,斎藤恭一
    デュアルリガンド固定多孔性中空糸膜を用いたタンパク質のデュアルアフィニティ吸着の提案
    Membrane, 37, 95-101 (2012)
  43. Ishihara, R., Fujiwara, K., Harayama, T., Okamura, Y., Uchiyama, S.. Sugiyama, M., Someya, T., Amakai, W., Umino, S., Ono, T., Nide, A., Hirayama, Y., Baba, T., Kojima, T., Umeno, D., Saito, K., Asai, S., Sugo, T.
    Removal of cesium using cobalt-ferrocyanide-impregnated polymer-chain- grafted fibers.
    J. Nucl. Sci. Technol., 48, 1281-1284 (2011)
  44. Ikeda, K., Umeno, D., Saito ,K., Koide, F., Miyata,E., Sugo, T.
    Removal of boron using nylon-based chelating fibers.
    Ind. Eng. Chem. Res., 50, 5727-5732 (2011)
  45. 池田浩輔,梅野太輔,菊池 隆,安藤清人,須郷高信,斎藤恭一
    ナイロン繊維にグラフト重合したポリグリシジルメタクリレートへのN-メチルグルカミン固定反応に適する溶媒の選択
    日本イオン交換学会誌, 22, 81-86 (2011)
  46. 石森啓太,宮澤忠士,浅利勇紀,三好和義,梅野太輔,斎藤恭一,水口和夫,有冨俊男,吉江清敬
    電子線グラフト重合法を適用した1価イオン選択透過性をもつ製塩用陽イオン交換膜の作製
    日本海水学会, 65, 35-41 (2011)
  47. Asai, Y., Shoji, N., Miyoshi, K., Umeno, D., Saito, K.
    Electrodialysis of sulfuric acid with cation-exchange membranes prepared by electron-beam-induced graft polymerization.
    J. Ion Exchange, 22, 53-57 (2011)
  48. 和田 剛,石原 量, 三好和義,梅野太輔, 斎藤恭一, 浅井志保,山田伸介,廣田英幸
    架橋型キレート多孔性シートの動的吸着容量の空間速度依存性
    日本イオン交換学会誌, 22, 47-52 (2011)
  49. 宮崎公平,正司信義,浅利勇紀,三好和義,梅野太輔,斎藤恭一
    ブロモブチルスチレンのポリエチレンフィルムへの電子線グラフト重合による耐熱性および耐アルカリ性陰イオン交換膜の作製
    Membrane, 35, 305-310 (2010)
  50. 松野伸哉,岩撫暁生,梅野太輔,斎藤恭一,伊藤 一,坂本雅司
    細孔表面に固定したカルボキシベタイン基による多孔性膜へのタンパク質の吸着の抑制
    Membrane, 35, 86-92 (2010)
  51. Tanaka, R., Ishihara, R., Miyoshi, K., Umeno, D., Saito, K., Asai, S., Yamada, S., Hirota, H.
    Modification of a hydrophobic-ligand-containing porous sheet using tri-n-octylphosphine oxide, and its adsorption/elution of bismuth ions.
    React. Funct. Polym., 70, 986-990 (2010)
  52. 関谷裕太,霜田祐一,梅野太輔,斎藤恭一,古本五郎,白瀧浩伸,篠原直志,久保田 昇
    放射線グラフト重合法を用いたタンパク質高速回収用カチオン交換粒子の作製
    日本イオン交換学会誌, 21, 29-34 (2010)
  53. 門馬友紀,梅野太輔,斎藤恭一,須郷高信
    ガリウムイオン固定多孔性中空糸膜へのリン酸化チロシンの吸着
    Membrane, 35, 242-247 (2010)
  54. 宮澤忠士,浅利勇紀,三好和義,梅野太輔,斎藤恭一,永谷 剛,吉川直人,元川竜平,小泉 智
    電子線グラフト重合法による製塩用イオン交換膜の開発(第4報)ナイロン6製フィルムを基材とした陽イオン交換膜の高分子構造
    日本海水学会誌, 64, 360-365 (2010)
  55. 芝原隆二,萩原京平,梅野太輔,斎藤恭一,須郷高信
    多孔性中空糸膜の孔表面へのサイズ排除型グラフト鎖の付与
    Membrane, 34, 220-226 (2009)
  56. 金 慶子,萩原京平,梅野太輔,斎藤恭一,須郷高信
    ニッケルイオン固定多孔性中空糸膜を用いたHis-tagタンパク質のアフィニティ精製
    Membrane, 34, 233-238 (2009)
  57. 浅利勇紀,宮澤忠士,三好和義,梅野太輔,斎藤恭一,永谷 剛,吉川直人
    電子線グラフト重合法による製塩用イオン交換膜の開発(第3報)高密度ポリエチレン製フィルムへのグリシジルメタクリレートおよびジビニルベンゼンの共グラフト重合
    日本海水学会誌, 63, 387-394 (2009)
  58. 宮澤忠士,浅利勇紀,三好和義,梅野太輔,斎藤恭一,永谷 剛,吉川直人
    電子線グラフト重合法による製塩用イオン交換膜の開発(第2報)ナイロンフィルムへのビニルベンジルトリメチルアンモニウムクロライドおよびスチレンスルホン酸ナトリウムのグラフト重合
    日本海水学会誌, 63, 175-182 (2009)
  59. 三好和義,宮澤忠士,佐藤直大,梅野太輔,斎藤恭一,永谷 剛,吉川直人
    電子線グラフト重合法による製塩用イオン交換膜の開発(第1報)フィルム基材の材質の選択
    日本海水学会誌, 63, 167-174 (2009)
  60. 斎藤恭一,萩原京平,梅野太輔,芝原隆二
    サイズ排除機能をもつイオン交換グラフト高分子鎖の開発
    放射線と産業, 123, 4-8 (2009)
  61. Yoshikawa, T., Umeno, D., Saito., K., Sugo, T.
    High-performance collection of palladium ions in acidic media using nucleic-acid-base-immobilized porous hollow-fiber membranes.
    J. Membr. Sci., 307, 82-87 (2008)
  62. 山城康平, 三好和義, 石原 量, 安野佳代, 梅野太輔, 斎藤恭一, 須郷高信, 山田伸介,杉浦雅人, 福永浩之, 永井正則
    固定化金属アフィニティ多孔性シートを用いるタンパク質の精製
    日本イオン交換学会誌, 19, 101-106 (2008)
  63. Iwanade, A., Umeno, D., Saito, K., Sugo, T.
    Protein binding to amphoteric polymer brushes grafted onto a porous hollow-fiber membrane.
    Biotechnol Prog., 23, 1425-30 (2007)
  64. Yamashiro, K., Miyoshi, K., Ishihara, R., Umeno, D., Saito, K., Sugo, T., Yamada, S. Fukunaga, H., Nagai, M.
    High-throughput solid-phase extraction of metal ions using an iminodiacetate chelationg porous disk prepared by graft polymerization.
    J. Chromatogr. A., 1176, 37-42 (2007)
  65. Ishihara, R., Umeno, D., Saito, K., Asai, S., Sakurai, S., Shinohara, N., Sugo, T.
    Preparation of extractant-impregnated porous sheets for high-speed separation of radionuclides.
    J. Ion Exchange, 18, 480-485 (2007)
  66. Iwanade, A., Nomoto, T., Umeno, D., Saito, K., Sugo, T.
    Protein binding characteristics of amphoteric polymer brushes grafted onto porous hollow-fiber membrane.
    J. Ion Exchange, 18, 492-497 (2007)
  67. Iwanade, A., Umeno, D., Saito, K., Sugo, T.
    Protein binding to amphoteric polymer brushes grafted onto a porous hollow-fiber membrane.
    Biotechnol. Prog., 23, 1425-1430 (2007)

総説・解説

  1. 非天然カロテノイド生合成経路の進化分子工学
    梅野太輔
    光合成研究, 30(2), 110-124 (2020)
  2. 「二次代謝経路の一次代謝化技術」 融和的入植と高出力化のための生合成リデザイン学
    大谷悠介, 関貴洋, 梅野太輔
    ファルマシア, 55(7), 658-661 (2019)
  3. 「進化」が可能にした新しい酵素や抗体の超高速開発
    梅野太輔
    実験医学, 36(19), 3265-3267 (2018)
  4. ノーベル化学賞;進化のプロセスを模したタンパク質機能のデザイン手法
    梅野太輔
    パリティ, 33(12), 44-48 (2018)
  5. 実験室内[定向進化]による酵素の改良・創出技術
    梅野太輔
    化学, 73(12), 12-16 (2018)
  6. 進化分子応学技術による遺伝子誘導系の開発
    梅野太輔
    バイオサイエンスとインダストリ, 75, 227-228 (2017)
  7. バイオセンサを利用したハイスループット評価技術
    木村友紀,関貴洋,大谷悠介,栗原健人,梅野太輔
    久原哲(監修)スマートセルインダストリー -微生物細胞を用いた物質生産の展望-,シーエムシー出版 (2018)
  8. テルペノイド合成酵素の機能進化デザイン
    田代美希, 梅野太輔
    化学と生物 54, 562-567 (2016)
  9. 香料の合成生物学
    古林真衣子, 梅野太輔
    香料, 256, 21-29 (2016)
  10. 人工代謝経路構築のための進化分子工学
    古林真衣子, 梅野太輔
    伏見譲(監修)進化分子工学〜高速分子進化によるタンパク質・核酸の開発〜, エヌ・ティー・エス (2013)
  11. Nucleotide kinase-based selection system for genetic switches.
    Ike, M., Umeno, D.
    Methods Mol Biol, 1111, 141-152 (2014)
  12. 代謝経路と制御ネットワークの組織的な進化工学技術
    梅野太輔, 冨永将大, 古林真衣子, 池紘平
    生物工学会誌 91, 333-336 (2013)
  13. Directed Evolution of Carotenoid Synthases for the Production of Unnatural Carotenoids.
    Furubayashi, M., Umeno, D..
    Methods Mol Biol., 892, 245-253 (2012)
  14. 代謝ネットワーク建設のための進化分子工学―進化的デザインによる非天然代謝経路の創出―
    古林真衣子, 梅野太輔
    植田充美(監修)合成生物工学の隆起 ―有用物質の新たな生産法構築をめざして―, シーエムシー出版 (2012)
  15. 代謝経路と遺伝子制御回路の進化分子工学
    梅野太輔
    化学工業, 62, 89-94 (2011)
  16. 材料科学のための合成生物学
    古林真衣子, 田代洋平, 梅野太輔
    未来材料, 10, 2-7 (2010)
  17. 細胞死経路の代謝工学と遺伝子回路の進化工学.
    梅野太輔
    生命化学研究レター, 33, 18-23 (2010)
  18. 人工ゲノムが細胞内で起動した!
    梅野太輔
    現代化学, 473, 11 (2010)
  19. カロテノイドの生合成
    梅野太輔, 古林真衣子, 三沢典彦
    宮下和夫(監修)カロテノイドの科学と最新応用技術, シーエムシー出版, pp.27-37 (2009)
  20. 細胞のプログラム死と合成生物学
    梅野太輔, 田代洋平, 古林真衣子
    極限環境微生物学会誌, 7, 31-35 (2008)
  21. バクテリアゲノムの全合成に成功
    梅野太輔
    現代化学, 446, 15 (2008)
  22. 細胞ロボットをつくる
    梅野太輔
    高分子, 56, 840 (2007)
  23. 細胞ロボットの制作に挑む ~合成生物学のフロントライン
    梅野太輔
    現代化学, 433, 56-63 (2007)
  24. Probing the mutation spectrum in Escherichia coli.
    Suzuku, T., Suzuki, K., Tashiro, Y., Saito, K., Umeno, D.
    Nuc. Acids Res. Symp. Ser., 51, 289-290 (2008)

 

学会発表

2020年度

  1. 非対称カロテノイドの生合成代謝工学
    尾島匠, 関貴洋, 河合(野間)繁子, 梅野太輔
    遺伝研研究会(オンライン開催)、2020年11月
  2. DMAPP枯渇毒性および蓄積毒性利用の交互共進化を指向したイソプレノイド合成経路の進化工学
    小野里 由実, 荒木 道備, 河合 (野間) 繁子, 梅野 太輔
    遺伝研研究会(オンライン開催)、2020年11月
  3. 膜タンパク質安定性解析ツールを用いた膜タンパク質-脂質相互作用の可視化
    関 貴洋, 尾島 匠, 増田 悠人, 松本 惇生, 河合(野間) 繁子, 梅野 太輔
    遺伝研研究会(オンライン開催)、2020年11月
  4. ArsR-LuxR融合タンパク質におけるヒ素結合を介した超構造形成のメカニズム *生命金属科学研究推進賞受賞
    阿由葉 里奈,大内 恭平,飯豊 大地,木村 友紀,梅野 太輔,河合(野間) 繁子
    生命金属に関する合同年会(オンライン開催)、2020年11月
  5. Blurring the Genetic Code for the Expansion of Cellular Protein
    Masakazu Araki1, Soji Watanabe1, Shigeko Kawai (Noma) , Daisuke Umeno
    第20回日本蛋白質科学会年会(オンライン開催)、2020年7月
  6. Directed Evolution of Dimethylallyl Alcohol Kinases
    Yumi Onozato, Naomasa Araki , Shigeko Kawai (Noma) , Daisuke Umeno
    第20回日本蛋白質科学会年会(オンライン開催)、2020年7月
  7. Biosensors for morphinan alkaloids based on their biosynthetic enzymes
    Mei Nonoshita,Yuki Kimura,Yusuke Otani, Ikki Kobayashi,Akira Nakagawa,Hiromichi Minai,Shigeko Kawai(Noma),,Daisuke Umeno
    第20回日本蛋白質科学会年会(オンライン開催)、2020年7月

2019年度

  1. 二次代謝経路の一次代謝化による希少機能分子の高効率生産系
    梅野太輔
    新学術領域「生合成リデザイン」第6回公開シンポジウム(北海道)、2019年5月
  2. Directed evolution of squalene/oxidosqualene cyclizing enzymes based on carotenoid-based screening systems
    Y., Otani, S., Kawai-Noma1, D., Umeno.
    TERPNET 2019(Wittenberg in Halle/Germany),2019. 8
  3. Fusing enzymes to transcription activator LuxR for the rapid creation of metabolite sensors
    Yuki Kimura, Shigeko Kawai-Noma, Daisuke Umeno
    Enzyme Engineering XXV( Whistler in British Columbia/Canada ),2019. 9
  4. 陽性/陰性選択マーカーと蛍光タンパク質から成る3機能性新規融合タンパク質を用いた酵母遺伝子スイッチの開発
    能崎健太(神戸大 石井研),冨永将大,梅野太輔,近藤昭彦、石井純
    第71回日本生物工学会大会(岡山)、2019年9月
  5. 枯草菌ECFシグマ因子-アンチシグマ因子システムを用いた膜タンパク質発現レベル解析ツールの開発
    関貴洋, 河合 (野間) 繁子, 梅野太輔
    第3回新学術領域研究「生合成リデザイン」若手シンポジウム(千葉)、2019年8-9月
  6. ロドプシンを用いた非天然光合成系の開発
    斉藤遥平、河合 (野間) 繁子、斎藤 恭一、梅野 太輔
    第3回新学術領域研究「生合成リデザイン」若手シンポジウム(千葉)、2019年8-9月
  7. 非メバロン酸経路の代謝進化工学
    南方克哉、田代美希、河合(野間)繁子、梅野太輔
    第3回新学術領域研究「生合成リデザイン」若手シンポジウム(千葉)、2019年8-9月
  8. 非天然ボトリオコッセン生合成経路の進化デザイン
    多田和樹、坂本康二、河合(野間)繁子、斎藤恭一、梅野太輔
    第3回新学術領域研究「生合成リデザイン」若手シンポジウム(千葉)、2019年8-9月
  9. C60骨格カロテノイドのde novo生合成
    関貴洋、尾島匠、大谷悠介、細井拓也、河合(野間)繁子、李伶、眞岡孝至、古林真衣子、斎藤恭一、梅野太輔
    第33回カロテノイド研究談話会(千葉)、2019年9月
  10. 非天然骨格レチノイドの生合成経路
    斉藤遥平、河合 (野間)繁子、斎藤恭一、梅野太輔
    第33回カロテノイド研究談話会(千葉)、2019年9月
  11. カロテノイドの色スクリーニングを用いたスクアレン/オキシドスクアレン環化酵素の進化工学
    大谷悠介,河合(野間)繁子、梅野太輔
    2019年カロテノイド若手の会(千葉)、2019年9月
  12. 組織的ゲノム編集によるカロテノイド増産株確立
    小野航央、河合(野間)繁子、梅野太輔
    2019年カロテノイド若手の会(千葉)、2019年9月
  13. カロテノイドと特に関係ない部材でつくる7セグメントインジケータ
    山上和馬、河合(野間)繁子、梅野太輔
    2019年カロテノイド若手の会(千葉)、2019年9月
  14. ボトリオコッセン合成経路のカロテノイド合成経路への進化
    多田和樹、坂本康二、河合(野間)繁子、斎藤恭一、梅野太輔
    2019年カロテノイド若手の会(千葉)、2019年9月
  15. カロテノイド大量生産のための非バロン酸経路工学
    南方克哉、河合(野間)繁子、梅野太輔
    2019年カロテノイド若手の会(千葉)、2019年9月
  16. 非天然レチノイドの生合成経路工学
    斉藤遥平、河合(野間)繁子、梅野太輔
    2019年カロテノイド若手の会(千葉)、2019年9月
  17. バクテリオロドプシンの機能拡張の1手法
    渡邉荘爾、河合 (野間) 繁子、梅野太輔
    2019年カロテノイド若手の会(千葉)、2019年9月
  18. 非天然骨格カロテノイドの生合成工学
    尾島匠、河合(野間)繁子、梅野太輔
    2019年カロテノイド若手の会(千葉)、2019年9月
  19. 新規スクリーニング法を用いたカロテノイド骨格合成酵素のサイズ特異性進化
    市川智之、河合(野間)繁子、梅野太輔
    2019年カロテノイド若手の会(千葉)、2019年9月
  20. カロテノイド合成のためのC5キナーゼ活性の進化工学
    小野里由実、河合(野間) 繁子、梅野 太輔
    2019年カロテノイド若手の会(千葉)、2019年9月
  21. IPP/DMAPPセンサの開発手法を応用した代謝物センサの作製
    野々下 芽以、河合(野間) 繁子、梅野 太輔
    2019年カロテノイド若手の会(千葉)、2019年9月
  22. 大腸菌発現系を用いたカロテノイド結合型サーモフィリックロドプシンの創出と物理化学的安定性の向上
    堀江敬太(岡山大・薬),西川佳吾,小島慧一,根本沙也加,秋山友希,斉藤圭亮,野地智康,石北央,村田武士,梅野太輔,須藤雄気
    CREST 第4回ワークショップ(島根)、2019年10月
  23. イソプレン合成酵素の活性進化工学
    荒木道備・小野里由実・大谷悠介・河合(野間)繁子・梅野太輔
    日本化学会 第100春季年会(東京)、2020年3月
  24. 生合成酵素を分子認識素子とするアルカロイドセンサの開発
    野々下芽以・木村友紀・大谷悠介・小林一幾・中川明・南博道・河合(野間)繁子・梅野太輔
    日本化学会 第100春季年会(東京)、2020年3月
  25. 低分子センサシステム開発のためのNLucへのタンパク質融合形態の探索
    菱沼美保・小林一幾・河合(野間)繁子・梅野太輔
    日本化学会 第100春季年会(東京)、2020年3月
  26. 膜脂質−微生物型ロドプシン相互作用の網羅的解析
    関 貴洋、斉藤 遥平、須藤 雄気、村田 武士、河合 (野間) 繁子、梅野 太輔
    日本農芸化学会2020年度大会(福岡)、2020年3月

2018年度

  1. 非対称オノセロイド生合成経路の特異性の進化デザイン
    ◯上田大次郎
    第2回新学術領域研究「生合成リデザイン」若手シンポジウムと生合成リデザイン第四回公開シンポジウム(北海道),2018年5月
  2. 大腸菌内における非天然テルペノイド経路の拡張
    ◯大谷悠介,河合(野間)繁子,斎藤恭一,梅野太輔
    第2回新学術領域研究「生合成リデザイン」若手シンポジウムと生合成リデザイン第四回公開シンポジウム(北海道),2018年5月
  3. ボトリオコッセン合成酵素のプロダクト特異性改変
    ◯多田和樹,坂本康二,河合(野間)繁子,斎藤恭一,梅野太輔
    第2回新学術領域研究「生合成リデザイン」若手シンポジウムと生合成リデザイン第四回公開シンポジウム(北海道),2018年5月
  4. In-Frame Fusion of Multiple Transcription Factors to Create Single-Layered Logic Functions
    ◯Yuki Kimura, Kyohei Ouchi, Shigeko Kawai-Noma, Kyoichi Saito, and Daisuke Umeno
    2018 Synthetic Biology:Engineering,Evolution&Design(SEED), JW Marriott Scottsdale Camelback Inn Resort&Spa (Arizona/USA), June, 2018
  5. Re-Designing carotenoid biosynthetic pathways
    ◯Daisuke Umeno
    2018 Carotenoids, Gordon Research Conference, Grand Summit Hotel at Sunday River (Maine/USA), June, 2018
  6. 転写因子の結合競合を利用した複雑な転写制御系のデザイン
    小林一機
    2018年度国立遺伝学研究所研究集会(静岡) 、 2018年8月
  7. 膜タンパク質機能を指標とした細胞膜組成の大規模改変
    関貴洋
    2018年度国立遺伝学研究所研究集会(静岡) 、 2018年8月
  8. BCMO1を用いた新規レチノイドの生合成
    斎藤遥平
    2018年度国立遺伝学研究所研究集会(静岡) 、 2018年8月
  9. PSPP合成酵素SSL1の機能進化によるDSq合成
    多田和樹
    2018年度国立遺伝学研究所研究集会(静岡) 、 2018年8月
  10. 非メバロン酸経路の代謝工学によるカロテノイド増産
    南方克哉
    2018年度国立遺伝学研究所研究集会(静岡) 、 2018年8月
  11. 転写因子の結合競合を利用した複雑な転写制御系のデザイン
    山上和馬
    2018年度国立遺伝学研究所研究集会(静岡) 、 2018年8月
  12. 細胞のタンパク質アセチル化能を感知するセンサの進化デザイン
    渡邉荘爾
    2018年度国立遺伝学研究所研究集会(静岡) 、 2018年8月
  13. ボトリオコッセン生合成経路のプロダクト特異性改変
    多田和樹、坂本 康二、河合 繁子、斎藤 恭一、梅野 太輔
    第70回日本生物工学会大会(大阪) 、 2018年9月
  14. 細胞内のアセチル化能を感知するセンサの開発
    渡邉 荘爾、小林 一幾、木村 友紀、河合 繁子、斎藤 恭一、梅野 太輔
    第70回日本生物工学会大会(大阪) 、 2018年9月
  15. 非メバロン酸経路の代謝工学によるカロテノイド生産量の向上
    南方克哉、田代美希、河合繁子、梅野太輔
    第32回カロテノイド研究談話会(熊本) 、 2018年9月
  16. 情報処理機能の創発とその生合成工学への応用
    梅野太輔、木村友紀、渡邉荘爾,関 貴洋,河合(野間)繁子
    「細胞を創る」研究会11.0(宮城) 、 2018年10月
  17. Optical Resolution of Alcohols through Succinic Acid Monoesters: An Effective Combination Process of Diastereomeric Salt and Enzyme Methods
    Kanako Fushimi,1 Mei Kunito,1 Takumi Fuse,1 Daisuke Umeno,1 Shigeko Kawai(Noma),1 Shoji Matsumoto1 Motohiro
    日本化学会 第99春季年会(兵庫) 、 2019年3月
  18. 7セグメントデコーダとして振る舞う単層遺伝子回路の進化デザイン/Directed evolution of single-layered genetic circuits that behave as 7-segment decoders
    山上 和馬、小林 一幾、湯本 達弥、佐伯 和哉、冨永 将大、河合 繁子、斎藤 恭一、梅野 太輔
    日本農芸化学会2019年度大会(東京) 、 2019年3月
  19. β-カロテンオキシゲナーゼ変異体を用いた非天然レチノイドの大腸菌生産/Escherichia coli production of non-natural retinoids using β-carotene oxygenase mutants
    斉藤 遥平、河合 (野間) 繁子、斎藤 恭一、梅野 太輔
    日本農芸化学会2019年度大会(東京) 、 2019年3月
  20. 非天然ボトリオコッセン合成経路の進化デザイン/Directed evolution of pathways for non-natural botryococcenes
    多田 和樹、坂本 康二、河合 繁子、斎藤恭一、梅野 太輔
    日本農芸化学会2019年度大会(東京) 、 2019年3月
  21. 非対称カロテノイド生合成経路の代謝進化工学/Directed Evolution of pathways for Asymmetric Carotenoids
    尾島 匠、関 貴洋、李 伶、河合 繁子、斎藤 恭一、梅野 太輔
    日本農芸化学会2019年度大会(東京) 、 2019年3月

2017年度

  1. Directed evolution of carotenoid/terpenoid biosynthetic pathways
    ◯Daisuke Umeno
    9th US-Japan Seminar on the Biosynthesis of Natural Products, Lale Arrowhead Conference Center (CA/USA), May, 2017
  2. プレニル二リン酸消費酵素の多重欠損によるイソプレノイド高生産株の作製
    ◯小野航央,河合(野間)繁子,斎藤恭一,梅野太輔
    第2回 新学術領域研究「生合成リデザイン」若手シンポジウム(群馬),2017年8月
  3. 大腸菌内におけるSqualene-Hopene cyclaseの活性進化
    ◯大谷悠介,河合(野間)繁子,斎藤恭一,梅野太輔
    第2回 新学術領域研究「生合成リデザイン」若手シンポジウム(群馬),2017年8月
  4. カロテノイド生合成経路の「進化能」の探索
    ◯梅野太輔,李伶,大谷悠介,王時飛,河合(野間)繁子
    日本植物学会第81回大会(千葉),2017年9月
  5. テルペノイド生合成経路の兵站体系を再検討する
    ◯梅野太輔,小野航央,田代美希,大谷悠介,河合 繁子
    第69回日本生物工学会大会(東京),2017年9月
  6. 非天然C50-カロテノイドのε環化経路の構築
    ◯大谷悠介,李伶,古林真衣子,河合(野間)繁子,斎藤恭一,眞岡孝至,梅野太輔
    第31回カロテノイド研究談話会(京都)
  7. Laboratory Evolution of Triterpenoid Biosynthetic Pathways
    ◯Daisuke Umeno
    1st China-Japan Joint Symposium on Natural Product Biosynthesis (Shanghai, China), October, 2017
  8. ピロフォスファターゼ欠損株のシリーズ作製・評価
    ◯梅野太輔
    遺伝研研究会 細菌の構造と根幹解析研究会(静岡),2017年10月
  9. SELEX法を用いた重複オペレーター配列の開発
    ◯小林一幾
    遺伝研研究会 細菌の構造と根幹解析研究会(静岡),2017年10月
  10. プレニル二リン酸消費酵素の多重欠損によるイソプレノイド高生産株の作製
    ◯小野航央
    遺伝研研究会 細菌の構造と根幹解析研究会(静岡),2017年10月
  11. Identification and assembly of the genes that boost the genomic incorporation of mutagenic nucleoside dP for the development of highly efficient negative selection platform
    ◯Shigeko Kawai-Noma, Kazuya Saeki, Tatsuya Saeki, Saito Kyoichi, and Daisuke Umeno
    The Second Symposium of Chiral Molecular Science and Technology (Chiba, Japan), January, 2018
  12. Exploring non-natural "carotenoid structure space" by directed evolution
    ◯Yusuke Otani, Li Ling, Wang Shifei, Takuya Hosoi, Maiko Furubayashi, Saito Kyoichi, Shigeko Kawai-Noma, and Daisuke Umeno
    The Second Symposium of Chiral Molecular Science and Technology (Chiba, Japan), January, 2018
  13. 機能「創発」の進化デザイン
    ◯梅野太輔
    スパイラル融合による有機材料の創製スタートアップ・シンポジウム(千葉),2018年1月
  14. 情報処理機能の実験室内「創発」
    ◯梅野太輔
    第43回 生命の起源および進化学会学術講演会(埼玉),2018年3月
  15. 非天然トリテルペノイド生合成の進化合成生物学
    ◯梅野太輔
    日本農芸化学会2018年度大会(愛知),2018年3月
  16. 高感度コリン応答型遺伝子スイッチの開発(Development of choline-responsive ultra-sensitive genetic switch)
    ◯小林一幾,星野孝幸,鈴木紳一郎,河合(野間)繁子,梅野太輔
    日本農芸化学会2018年度大会(愛知),2018年3月

2016年度

  1. 課題:ハイスループット微生物構築・評価技術の開発 副題:重要代謝物を「見る」ための生合成デザイン
    ○梅野太輔
    NEDOスマートセルプロジュクト全体会議, 神戸大学先端融合研究環統合研究拠点コンベンションホール (神戸), 2017年3月
  2. トリテルペン生合成経路を実験室内で「進化」させる
    ○梅野太輔
    JBA 発酵と代謝研究会, 東京大学 (東京), 2017年3月
  3. LABORATORY EVOLUTION OF CAROTENOID AND TRITERPENOID PATHWAYS
    ○Daisuke Umeno
    Fusion Conference Synthetic Bio for Natural Products, Fiesta Americana Condesa (Cancun/Mexco), February, 2017
  4. Rapid diversification and compression of the genetic networks via directed evolution
    ○Daisuke Umeno
    Biosystems Design 3.0, Exploration Theatrette at Matrix Level 4 (Biopolis/Singapore), February, 2017
  5. 進化分子工学による遺伝子誘導系のシリーズ開発
    湯本達弥,河合繁子,○梅野太輔
    平成28年度第2回TRAHED研究討論会, 神戸大学百年記念館(神大会館)六甲ホール (兵庫), 2017年2月
  6. 変異原性ヌクレオシドdPによる細胞死誘発に関与する遺伝子の特定と、その集積によって構築された高効率ネガティブ選択系
    ○河合(野間)繁子, 佐伯和哉, 湯本達弥, 斎藤恭一, 梅野太輔
    第68回日本生物工学会大会, ANAクラウンプラザホテル富山 (富山), 2016年9月
  7. タンパク質工学と代謝系改変によるコリン応答転写スイッチの超高感度化
    ○鈴木紳一郎, 星野孝幸, 河合(野間)繁子, 斎藤恭一, 梅野太輔
    第68回日本生物工学会大会, ANAクラウンプラザホテル富山 (富山), 2016年9月
  8. 転写因子の競合デザインによるHalf-adder回路のコンパクト設計
    ○湯本達弥, 佐伯和哉, 河合(野間)繁子, 斎藤恭一, 梅野太輔
    第68回日本生物工学会大会, ANAクラウンプラザホテル富山 (富山), 2016年9月
  9. プレニル二リン酸消費活性の多重欠損によるイソプレノイド高生産株の作製
    ○小野航央, 岩嵜美希, 坂野聡美, 西田敬二, 近藤昭彦, 河合(野間)繁子, 斎藤恭一, 梅野太輔
    第26回イソプレノイド研究会例会, 長崎県立大学 (長崎), 9月, 優秀賞受賞
  10. 学生の頃、何を考え、今は何をやっているか・・・生命の起源と私
    ○梅野太輔
    生命の起源および進化学会&日本アストロバイオロジーネットワーク, 総合研究大学大学院 (神奈川), 2016年8月
  11. 改良型酵素を用いたモノテルペンの微生物生産
    ○岩嵜美希
    生命の起源および進化学会&日本アストロバイオロジーネットワーク, 総合研究大学大学院 (神奈川), 2016年8月
  12. リガンド結合に伴う転写因子の安定性変化を利用した転写スイッチの創発
    ○木村友紀
    生命の起源および進化学会&日本アストロバイオロジーネットワーク, 総合研究大学大学院 (神奈川), 2016年8月
  13. 進化工学によるTrpRのリガンド特異性改変
    ○鈴木紳一郎
    生命の起源および進化学会&日本アストロバイオロジーネットワーク, 総合研究大学大学院 (神奈川), 2016年8月
  14. リガンド結合による安定化を利用した2入力型融合転写因子の作製
    ○大内恭平
    生命の起源および進化学会&日本アストロバイオロジーネットワーク, 総合研究大学大学院 (神奈川), 2016年8月
  15. 脱リン酸酵素の多重欠損によるイソプレノイド高生産株の作製
    ○小野航央
    生命の起源および進化学会&日本アストロバイオロジーネットワーク, 総合研究大学大学院 (神奈川), 2016年8月
  16. 転写因子の競合デザインによる論理回路の構築
    ○湯本達弥
    生命の起源および進化学会&日本アストロバイオロジーネットワーク, 総合研究大学大学院 (神奈川), 2016年8月
  17. Breeding around the biosynthetic pathways,genetic networks,bugs & students
    ○梅野太輔
    Frances Arnold研究室25周年記念シンポジウム, カリフォルニア工科大学 (ロス/米国), 2016年7月
  18. C50およびC60カロテノイド生合成経路の実験室内進化
    ○李伶, 王時飛, 大谷悠介, 古林真衣子, 細井拓也, 河合(野間)繁子, 斎藤恭一, 眞岡孝至, 梅野太輔
    第30回カロテノイド研究談話会, ホテルムーンビーチ (沖縄), 2016年6月
  19. Selection-Based Molecular Breeding of Non-Mevalonate Pathway for Efficient Production of Terpenes
    ○Miki Tashiro-Iwasaki, Shigeko Kawai-Noma, Kyoichi Saito, Daisuke Umeno
    Metabolic Engineering 11 国際代謝工学会, 淡路夢舞台国際会議場 (兵庫), 2016年6月
  20. 多世代進化を用いたフォールディング特性の改変による転写因子の改良
    ○木村友紀, 大野琢也, 大内恭平, 河合(野間)繁子, 斎藤恭一, 梅野太輔
    第16回日本蛋白質科学会年会, 福岡国際会議場 (福岡), 2016年6月
  21. 産業利用を志向した遺伝子スイッチの進化工学
    ○木村友紀
    なのはなコンペ2016 (学生版), 千葉大学けやき会館 (千葉), 2016年4月, なのはな賞受賞

2015年度

  1. 多世代進化工学による転写スイッチの高性能化
    ○木村友紀,大野琢也,河合(野間)繁子,斎藤恭一,梅野太輔
    日本農芸化学会2016年度大会,札幌コンベンションセンター(北海道) , 2016年3月